明治神宮へ2015年06月06日 14時00分


梅雨入りしたのか、どうなのか、忙しくて
天気予報さえあまり見てないんですが(;゜ロ゜)
幸い、この週末は晴れ。

RICOH GR+GR LENS

今日は夕方に。代々木に所用があり
その前に、写真撮影をと、都内を目指します。

例の如く「電車はイヤん」ということで、OTB(車)で。

予想外に、首都高も空いてたりして
中央環状線C2が開通したことで
これまたこの渋谷の裏手というか
インターでいうと「富ヶ谷」なんですけど
非常にスムースに到着できました。

なんとか終日料金設定のパーキングを探して、そこに車を。
(iPhoneのアプリで優れものを発見。これ便利だわ。今日置いた場所は、1500円最大料金!)

大使館やら豪邸やらの住宅地。
神山という名称ということで、やっぱり地形は山。
たしかに、その南西側には渋い谷が広がってる訳ですけれども
一度山を下った谷から、北に進路をとって、登って行きます。

RICOH GR+GR LENS

いわゆる表参道に通じる、坂を上りきったら、明治神宮。

はい、ようやく来ました。20分強の散策。

OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO

少し雨が降った後の様で、ミズタマリも。
RICOH GR+GR LENS

中に入れば、森の空気。
御神気が感じられる、樹々の中。

ただし、いやはや、外国人客の多きこと。

OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO

まずは、奥の本殿を目指す前に
目的の被写体へ。

「明治神宮 御苑」で、この季節は「花菖蒲」が見頃になります。
500円を払って、中へ。


とても、100年前は、代々木の原っぱだったとは思えない
鬱蒼とした森を抜けて行きます。

OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO

このエリアは、もともと大名屋敷の庭園→宮内庁管轄の南豊島御料地(代々木御苑)・・・
と美しい庭園だった歴史があるそうです。

奥には「清正井」と呼ばれる
パ◎ースポットと呼ばれて人気がでてしまった場所がありますが
そういう場所に、滅多やたらに行くものではないと考えてます。

神域と呼ばれる所は、数々、そういう力の強い場所はあると思いますけど
そこに頼る気持ちが、まずもって如何なものかと。

場所によっては「人を惹きつけない」場所もありますし
個人的には「行くべき」と強く思わない場所は
これまでの経験からも避ける様にしています。

ということで今回も、そこは目的から外れます。

南池に到着しますと、なんとまあ、すでに蓮の花が咲いております。

ただし、ちょっと距離が遠い。

テレコン入れても200mm(換算400mm)では、届かぬ思い。

OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO+MC14

先ほどから、曇天でもあり、桟橋の大勢の外国客をぬって、撮影。
しかし、一脚が欲しいところ(今日はね、置いてきたの(´ヘ`;))

OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO+MC14(モノクロ)

うーん。遠い〜。

こちらの赤いのは、さらに遠い。

OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO+MC14

夏までに、どこかでリベンジと誓って
目的地に向かいます。

OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO+MC14

御苑を北に向かいます・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの管理者は誰?(半角大文字で)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://motospowerweb.asablo.jp/blog/2015/06/07/7663902/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。