Oihata メンテナンスの旅2017年12月16日 12時00分


オイハタ3女である、現在の愛機(ウクレレの事ね)。
早いもので、製作して頂いてから、もう5年です。

練習不足なので、当の本人はヘタなままですが
ウクレレそのものは良い音が鳴っているものの
だいぶ傷も入ってきています。

9月のカフェライブで、シンダー床に落下させた事もあり
メンテも兼ねて、実家に帰らせる事に。

ルシアの尾伊端さんに事前に写真を送り、相談。

P1070357
まず、塗装の割れ。
落下時に出来たか不明ですが、ボディ周辺のチェックをお願いしました。


P1070359

P1070360

スクラッチ傷がそれなりに入っていますが、
写真を送ったら、綺麗な方だとのコメントあり。

P1070363

指板、オレンジオイルだけだと綺麗にならないので、これも。


あと、PU(MiSi=マイサイ)のケーブルが
やはり、1弦と2弦の開放弦などに、共振します。

これも徹底的にやって頂く事を依頼。

プチプチで厳重に梱包して、北海道は函館にGO!

P1070376

到着後、やはり塗装のやり直しは不要。
もっとダメになってからやるべきとのコメント。
私もそう考えていましたので
1)ボディチェック
2)指板のバリ取り
3)PUケーブルの完全な制振

をお願いしました。

ケーブルはアンカーなど考えるという事でしたが
表板などは避ける方向での検討。

2日で作業が完了。
木曜発送で、土曜日到着。
結果、発送〜メンテ〜到着まで1週間で完了しました。


帰ってきました。

1712_OihataOH-008

ビニールは塗装に悪いとの事で
ケース内は、ウエスで保護して
全体はクッション材で梱包と完璧な配慮。

ケースを開けると、綺麗になった愛機が入っています。

1712_OihataOH-003

バフをかけてくれた様子で
スクラッチの傷が完全に無くなっていました!!

綺麗なコアの虎目が鮮やかになっています。

1712_OihataOH-004
PUのケーブルは、サイドにフックを設けて迂回。
ケーブルのビビリ=金属音はほぼ解消。
もともとこの機体の音質もあるかもしれません。


指板もフレットのバリがなくなり、ピカピカに。
1712_OihataOH-005


1712_OihataOH-006


1712_OihataOH-007


1712_OihataOH-002

これからも、大事に使っていきます。

1712_OihataOH-001

カモレレにストラップ2016年03月13日 18時21分


2014年、ハワイ旅行の後、耐屋外・局地戦仕様のウクレレを購入。

『アラバマから来たKALA(カモレレ)』

滅多に出さないウクレレですが、キヨシ先生が初夏に行う
ウクレレイベント「くじら山登山」(ピクニックですかね)の時に
昨年は、連れて行きました。

今年も「5月にやるよ」と先生がおっしゃっておりますが
その時にも、雨天決行の可能性もありますので、このカモフラ・レレを
連れて行くことになる予定です。

いつも愛用している Oihata などには、スタンダードサイズでも
(キヨシ先生同様)ストラップを使うという
ワタクシ、ヘンタイプレイヤーなのですが・・・
このカモ・レレにも、なんとか付けられないかと思っていました。

このウクレレ、ボディは樹脂製。
なので・・エンドピン装着のための、穴開け+ねじ切りは難しい?

昨年は、引っ掛けタイプのストラップを装着しましたが
やはり、イマイチ使いにくい。

意を決して、某楽器屋さんにカモ・レレを持ち込みました。

「樹脂製だから、伸び縮みしない素材だし、万が一
 割れる様な事があったら・・・でもやってみましょう」と
リペア担当のお兄さんも、自信があったのか、快諾してくれました。

他のお店をうろうろする事、30分。

その間に、こんなマグカップを衝動買いしてしまいましたが・・・
mag002
OM-D E-M1+LEICA DG SUMMILUX 15 mm 

mag001
OM-D E-M1+LEICA DG SUMMILUX 15 mm 


携帯の留守電に「無事完了」のメッセージが。

受け取ると、無事、ストラップ・ピンが装着されていました。
うむ。GoodJob!!

160313_Kamo-001
Panasonic DMC-LX100

大きめのキノコタイプのエンドピンは無かったので
少し小柄ですが、こいつをチョイス。
白いフェルトはお店のサービスで。

160313_Kamo-002
Panasonic DMC-LX100

さて、購入してあった、予備のNeotechのストラップを。

本体(肩に掛ける部分)は、他のがあるので、保管しておきます。
今回使うのは、ネックとエンドのジョイント部分のパーツです。

ネックの所は
輪を作って引っ掛ける感じに改善されています。
これだと、他のレレ(テナーサイズありw)にも、転用できますね。

160313_Kamo-004
OM-D E-M1+LEICA DG SUMMILUX 15 mm 

エンドピン側は、いつも通り。
160313_Kamo-005
OM-D E-M1+LEICA DG SUMMILUX 15 mm 

ということで、カモ・レレにもストラップ装着できました!
160313_Kamo-003
OM-D E-M1+LEICA DG SUMMILUX 15 mm 

これで「くじら山」にアタックできます♪

ストラップ・コネクタ2015年11月22日 20時00分


先日の発表会前あたりから、エンドピンからストラップが外れる現象が数回。
会場でも(レレ逆さにして、ジローよろしく(キカイダー)背中に背負ってたらか)
片側だけ外れて、焦ったよ((;゚Д゚)))

その原因は、このエンドピン側のの丸穴が少しバカになってきた事。

このストラップは、Neotechのマンドリンのもの。
一番最初に購入したのは、PoePoeさん。
その後、WoodMagicでも2本購入。

カニレア、オイハタ2号機、そして上の3号機それぞれに、装着しています。

新しく購入しないと、このエンドピンは交換できない。はて・・・。

本家サイトを見ると、今の型番は、どうやらエンドピンが2つ付いているらしい。
1本購入して、使ってないテナー(KALA)か、あるいは迷彩号機に付けてもいいか?

米国からの個人輸入は無理そう。国内代理店(卸店)は数店しかなし。うーむ。
WoodMagicは閉店しちゃったみたいなので、検索すると、やはりPoePoeさんがヒット。
お店のブログには、7月に掲載あり・・・。

しかし問い合わせてみると、在庫なし。入荷も1月以降?
こりゃ諦めるしかないか。

親切な店員さんとのやりとりで、なんとストラップ・コネクタ1個だけ発見との連絡。
形も同じ様子なので、購入の形となりました。

本日、メール便で到着。
OM-D EM-1+M.ZD12-40mmPRO

新旧比較。まだ旧は使えそうなので、予備品として確保でき、ひと安心しました。
OM-D EM-1+M.ZD12-40mmPRO