E-M1 MarkⅡ 降臨2016年12月22日 23時59分



ホントは、蓼科のホテルにいるハズでした(´ヘ`;)

月曜から引いた風邪が抜けず、2日前も休んだし
昨日なんて、忘年会すらパスしてしまった次第・・・orz

なんとか、今朝は起きたものの
だるおも〜な感じが抜けず、咳もでて・・・と
とても、旅行を楽しむ体調ではない状況。

当日のキャンセルは料金発生なのだけど
ホテルって、予約変更は効くんですよね。

それでも、当日に電話というのは、個人的にも前代未聞。

苦渋の選択で、TELしたら、幸い顔なじみのスタッフが出てくれて
快諾してくれた次第(たぶん、ホントはダメなんだろうなあ)。
向こうとしても、インフルじゃなくても、風邪のお客さんなんて
ホントの所、迷惑なハズ。予定変更できて感謝です。


ということで、日がな1日、貪る様に寝ていました。

で、明日の受け取りに指定していたカメラですが
ヤマトのオンラインでは修正が効かないので、電話で指定。

夕刻、無事、初期出荷組となった、我がマーク2が到着。

161222-001

箱はやたら重いんですが
ボディそのものは、軽っ、て感じで
E-5の頃から比べると、なんだかなーという雰囲気。

E-M1とほぼクリソツですし、持った感じも
グリップも少し大型化した位で、指の長い私にはむしろ歓迎。

箱は、やたら英語と中国語が多くて辟易。
さらに、ボディには(ストラップリングのぷちぴちの?)ゴミが
ついてたり、マウントの金属部がやたらオイリーな感じで
やっぱり大陸製に20万円は出せないよね、というのが第一印象。


それでも714とか装着すると、それなりな重さになって
「やっぱり、E-M1だわ」な雰囲気になります。

開封したら、ヘタなブツ撮りを。

161222-002
OM-D EM-1+M.ZD12-40mmPRO

161222-003
OM-D EM-1+M.ZD12-40mmPRO

161222-004
OM-D EM-1+M.ZD12-40mmPRO

161222-005
OM-D EM-1+M.ZD12-40mmPRO


161222-006
OM-D EM-1+M.ZD12-40mmPRO

質感は、悪くないです(ていうか、マーク1と同程度)。

日曜にカミさんが買ってきたお花が、なんとか残ってたので
試写開始。レンズは60mmマクロ。

適当なライティングと適当な構図(ブツ撮りでもう疲れましたw)

161222-007
OM-D EM-1Mark2+M.ZD60mmMacro

161222-009
OM-D EM-1Mark2+M.ZD60mmMacro

2000万画素超えな雰囲気はまだ体感できず。
それより、メニューが増えすぎて、またわからん状態。
なんで、いちいち変えるかな?>オリンパスさん。


最後に、おまけの「ハイレゾショット」を意味なく撮影。
161222-010
OM-D EM-1Mark2+M.ZD60mmMacro

うーむ、まだよく分かりません。


シャッター音はメチャ静かになりました。
個人的にはE-M10のが好きなんですけどね。

P1070074
Panasonic DMC-LX100

P1070072
Panasonic DMC-LX100

ここまで来て、ストラップを買わなきゃならない事に気がつきました。
付属の「OLYMPUS」て書いてあるのでもいいけど
まあ、ちょっとセンスがね。


ということで、今しばらくは、1号機と2号機の併用になりそうです。

最後に・・・
バッテリーが88%充電で、5点滅/秒エラーに。
充電器が、初期不良でしょうか・・・??(要確認)
もう、だから大陸製は嫌ヽ(`Д´)ノなんだよ〜。


百式もどりました2016年11月10日 20時00分



6日の夜に、修理に出した、百式。

やはりセンサーにゴミということで、内部清掃のみで完了。

あと20日遅かったら、有料修理でした(もう買ってから、1年経っちゃうのね(´ヘ`;) )

オリンパスの修理は、勝手が分かっているのですが
パナのは初めて。

Web登録(5日)からヤマト引取(6日)〜パナ入り(7日)〜
清掃・出荷(8〜9日)〜ヤマト運搬(10日)と・・・思いの外スムースでした。

これなら、レンズのチェックとか安心して出せるかもしれません。

水の盾2016年09月22日 18時48分


トレンチコートと聞いたら、バーバリ?

私にとっては
学生時代に読み耽った、ハードボイルド・冒険小説関連図書からのイメージは
アクアスキュータムが最初という印象。

WW1中に塹壕(トレンチ)で来ていたコートでありますが
ベルトに手榴弾が下がっていたD鐶が付いていたりと、クラシックな出で立ちです。
それより、ボガードが着こなしていた、ハードボイルドなイメージ?

都内勤務時代から10年以上使ってきた、冬のコートもそろそろ限界。
若い頃は手も出せないし、分不相応で遠い存在でしたが、これに決めてきました。

Panasonic DMC-LX100

デザインと色と丈を決めて、ライナーはなし。
サイズの合わないUK仕様でなく、そこはレナウンさんが仕切るMADE IN JAPAN。

仕上がりは11月末になるのだそう。

"Where were you last night?" (夕べはどこにいたの?)
"That's so long ago, I don't remember"(そんな昔のことは忘れたさ)
"Will I see you tonight?" (今夜は合えるかしら?)
"I never make plans that far ahead"(そんな先のことは分からない)

『カサブランカ』でも久しぶりにみようかな。