12-100mm PRO VS 12-40mmPRO @お台場2017年01月07日 15時00分


大げさなタイトルになっちゃいましたが
12-100mmPROを買ったので
お台場は「ヒストリーガレージ」へ。

雨でも夜でも、一定の条件で撮影できるとしたら
まあ、こんな所しか思い浮かばないのと、
これまで、E-M1を買ったり、714や1240なども含め
E-510時代から、同じ様な車を同じ様に撮影してきたので
比較するには、ワタクシの中では、定点観測地点なのであります。

過去のスレをさらって貰えば分かるんですが
お台場はMEGAWEBの一角にある
古き良き時代の車を置いてある、展示エリア。

しかし、数年前に「ダイバーシティTOKYO」が出来てしまい
そことの連絡通路を設けてしまったため
ダイバーシティ=ビーナスフォート間を移動する方の
通路と化してしまっています。

今回、その傾向は如実に表れ
もう、ここでの撮影は、Close間際の時間しか無いんじゃないかな
と思った次第です。

なにより、展示の構成と動線計画が悪すぎる。
(これは、個人的・一撮影者の意見ですが・・・)


12-100mmPROと、できれば12-40mmPROと比べるつもりで
E-M1の無印も持って行ったんですが
結果的に、撮影に集中できず、そこは諦めて帰ってきた次第。

それでは、まずは1階エリア。
本日は、ラリーカー特集。

個人的にはSEGAラリー(爆)くらいしか体験がないので
数枚撮影して、スルー。

RAW _P1070387
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

人がいなくて良いんですが、ラリーカーに興味が...orz

RAW _P1070388

さて、2階に上がってきました。
RAW _P1070395
トヨタ2000GT
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

最もフォトジェニックかつ、我が最愛の車
トヨタ2000GTなんですが、入り口付近のエリアに鎮座。

これじゃ、人が見きれないし
こんな柵は無粋なので、もっと違う所において欲しい〜。

大陸系おのぼりさんが通行する中
なんとか、レンズ比較のため、撮影。

RAW _P1070391

トヨタ2000GT
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO(F4)

RAW _P1070403
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-40mmPRO(F4)

三脚なしで、場所固定じゃないのは御容赦を。
ほとんど遜色ないんですが
あえて言うなら、背面の書棚?の解像感は
12-100mmPROの方が上でしょうか?


RAW _P1070406
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO(F4)

RAW _P1070404
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-40mmPRO(F4)

これも、ほぼおんなじ。

あまりに人が多い(それでも今日は少なめかな)ので
エリアを移動。

トヨタの古いクラウンで比較?

RAW _P1070398
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO(F4)

RAW _P1070401
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-40mmPRO(F4)

私には、12-100mmPROの方が、描写は上に感じました。

ZD 12-60mmSWDの再来というか、カリカリ描写が好きな方には
100mmまでの高倍率レンズとしても、お奨めだと思います。


・・・デロリアンも電飾しやがって、台無しです。
(この電飾、緑とかピンクになるんです。C国かよっ)

RAW _P1070397
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO
最後に、3月に終了と決まった、お台場ガンダム。

夜景撮影まで、粘りませんでしたが、一応、見納めの形で。

RAW _P1070409
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

RAW _P1070413
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

RAW _P1070414
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

RAW _P1070418
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

ISOを1600まで上げてますが、手持ちで月も撮れるなんて。
RAW _P1070419
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

RAW _P1070432
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO(リニュークレール)

ということで、さらば、ガンダム。

RAW _P1070434
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

当初の予定通り、バンダイ(静岡)に里帰りするのかな?


ということで、お疲れ様でした〜。

RGガンダム 製作日記 3<完成編>2016年02月20日 20時00分


OM-D EM-1+M.ZD60mmMacro

みなさん、もう忘れてると思います。
ワタシもほぼ、同じというか・・・

RX-78 RGを購入した件 ― 2010年08月20日



静岡Gを見に行った年、勢いあまって、ガンプラ RGシリーズを購入。
作り始めたはいいけど、脚部(要は、下半身w)で、止まって、早5年以上・・・。

E-30+ZD ED 50mmMacro(この頃は、まだE-30だったのか!)

なんでか、自分でも分からないんですが、どうも作る気合が入らない。
(単なる、作りたい病だったのかも)

しかしながら、2000GT(ミニカー)などが並んでいるショーケースに
寂しそうにしかも脚だけあるGの姿は、多少なりとも、ずっと気になる存在でした。

「このままだと、縁起もよくねえなあ。でも、いつ作ろう」
そんな具合で、5年も過ぎ・・・。

昨日は、寒い雨のお天気。お掃除も終わって、めずらしく予定もなし。
「あれ・・・作ろうかな」と、気分が再起動。

プラモの詳細な取説に「ここまで、やった」とマークしていたのも幸いでした。
すぐに、作業を再開できました。

ということで、約2時間で、胸部が出来上がります。

Panasonic DMC-LX100

おお、連邦の白い奴の青い胴体が。
右腕まで作り、遅い昼飯を喰った後
カミさんがひと言「ここまで作ったら、顔まで作らないの?」

たしかに、胴体と右腕と下半身じゃ、アレだもんね。

ということで、気合を入れて、左腕を作成。ここまで来たら、あのポーズもやってみたい。

ついに、頭部に着手。
それにしても、このバンダイの射出成形技術は、本当にものすごい。
5年振りに見たけど、ニッパーで切り落として、ジョイント(関節)が出てくるって((;゚Д゚))

頭部だけでも、8つ位のパーツに分かれてるのだけど、嵌め合いが凄すぎる。
花粉用マスクみたいなパーツがないと
ガンダム(顎付き部分が)は、まるで、勇者ライディーンみたいだ(爆)

兜状部分、チョンマゲ部分も填め込むと、頭部が完成!

Panasonic DMC-LX100

目(ステレオカメラ)部分は、クリアパーツに黒金シールなのです。
最初は、上にあがっちゃって、格好悪かったけど、ズラしたら、やっぱりGの顔に( ´ ▽ ` )ノ

ただ、最後の最後にVの字アンテナの五角形赤いパーツを、テーブル下の絨毯に落として、焦りました。

メガネだと、近い所がテンデ見えなくて、メガネを外して作業をしているワタクシですので
なんども、小さい部品を落下。その度に、カミさんに探してもらうハメに(爆)。

ローガン?いやいや、まだだ、まだだああ と言いたいけど、ピント調整機能は確実に落ちてます。

ついに、G整備工場の体に。
Panasonic DMC-LX100

ついに、メインパーツは完成。
いちおう、ビームライフルとシールドだけは作ります。
このRGシリーズ、バズーカーもコアファイターも付いているけど、今回はパス。

5年の歳月を経て(大げさ)
パーツを組み上げて、ついに、連邦の白い子が立ち上がります。
(ていうか、手先が器用な人が作ったら、半日以下だとおもふ)

ということで
ポージングも、ブツ撮りもイマイチです(^_^;が、撮ってみました。

適当な「ラスト・シューティング」(ただし、左肩部は、腕がないと付かないので省略)
OM-D EM-1+M.ZD12-40mmPRO


ようやく、ウチのGも完成しました( ´ ▽ ` )ノ
(ただし、デカールは、主な所だけね)
OM-D EM-1+M.ZD60mmMacro

OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO

右目が光ってたので、強調してみました。

OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO

最後はリニュークレールで。
OM-D EM-1+M.ZD60mmMacro

ということで、長年のモヤモヤも、これでスッキリ致しました。

RAWでリ・アートフィルタ2015年07月25日 19時47分


お台場Gで、あまりにもアートフィルターがマッチしたので
昔撮影した、静岡Gでの画像に、なんとか掛けられないか・・・って考えました。

しかし、E−30やE−P2のRAWデータには、ラフモノクロームまでで、
当時存在しなかった、ドラマチックトーンとかリーニュクレールは対応していません。
(E−5で、ドラマチックトーンが出てきたんですよね)

RAWデータを誤魔化す裏ワザはあるのかもしれませんが
手っ取り早く、やる方法を見つけました。

オリビュー3で古いRAWを現像→iPhotoに取り込み、iCloud共有
              →iPhone5sのAPP:OI.Share(OLYMPUS)で加工するのです。

取り込むのは逆で。

残念ながら、APPのリーニュクレールは、所詮、携帯向けAPPなのか
あまり綺麗に仕上がりませんでした。線が太くて、なんだか分からなくなっちゃいましたorz

という事で、2枚だけUP。

バーニアから噴射
E-P2+M.ZD14-42mm

そして、3本脚形状の、静岡Gをドラマチックトーンで。
E-30+ZD ED 12-60mmSWD

はい、そろそろ、このネタは、お開きとします。