続・”PFM1”+”XICE3+”2017年10月14日 18時24分


冬支度の続き。

先日決めた、タイヤ&ホイールの代金を支払って参りました。

駐車場にクルマを止めると、丁度他の車の作業中だった
担当者も「レヴォーグの人」と顔を憶えてくれた様子で
「カウンターで待っててください」と言われ、店内へ。

店内も冬タイヤキャンペーン向けにレイアウト変更されてます。
しばらくウロウロしていると、入荷していたブツを実際に持って来てくれました。
まずは、横からみた印象ですが
夏45タイヤ → 冬50タイヤですが、想像より厚みを感じません。

店内は横浜(iceGURAD)、
ブリジストン(BLIZZAK VRX)、
ダンロップ(WINTER MAXX 02)も展示あり。

素の状態のタイヤを指でピンチしてみると、やっぱり硬さは
XICE3+ > iceGURAD or WINTER MAXX 02  >> BLIZZAK VRX
な印象。

うん、やっぱ、コレ。この硬さだよ。
以前履いていた、XICE2とあまり変わらない、トレッドパターン♫

「エンケイのホイールも」というので、?と思っていると
なんと、実物が入ってきていました(もしかして、これウチのかしら?)

ほいっとタイヤの上に置いてくれました。
(こういう所、ABさん、気が利くよね)

写真でだいたい分かってるとは言え、やはり実物を見れるのはありがたい。

ついでに、OUTBACKの時と同様、車の横に並べて貰いました。

雨の合間の曇天なのが残念ですが
イメージは、ほぼシミュレーション通り(かしら)。


「ENKEIのホイールは、こういう所がちゃんとしてるんです」と
示すのが、黄色い→のギザギザ部分。


『タイヤとホイールの空回りを低減。「ANTI SLIP PAINT」』
 タイヤとホイールの密着部分に特殊塗装を施す事により、高い摩擦係数が得られ
 スポーツ走行等の激しい加減速時に発生するタイヤとホイールの空回りを低減。
 タイヤ・ホイールのアッシー状態をベストなコンディションに保つとともに、
 加減速力を余す事無く路面に伝える。

だそうです(サイトの説明から)。



という事で、装着は1ヶ月ちょっと先です。

レヴォーグ ホイール&冬タイヤ考2017年10月09日 15時59分


レヴォーグが来て、1ヶ月点検もまだなんですが
そろそろ冬支度を考えなきゃいけません。

去年散々悩んだスタッドレスですが
買わなくてホント、良かった。
ホイールピッチ(P.C.D)が100mmから、最近の車種は114.3mmが一般的になり
OUTBACKのアルミホイールも、使える車種はBRZだけ、という状況でした。

<往年のOUTBACKとTeamSPARCO TYPE03+ミシュランXICE2(17インチ)>

さて、夏タイヤは、ダンロップを履いている
ウチのレヴォ子のサイズは、225/45R18というサイズ。

そのままスタッドレスも同じ18インチにしたい気分ですが
18インチをそのまま履けるタイヤは、ブリジストン(レヴォ専用ブリザック)か
ダンロップ(WINTERMAXX02)のみとの事((;゚Д゚))ガクガクブルブル 

タイヤハウス内のクリアランスや雪溜まりになった状態を考慮して
スタッドレスタイヤ装着は、インチダウンしろ、というのがメーカー推奨です(´ヘ`;)


できれば、18インチ通しで行きたい・・・(というのが当初の考え)。

・・・けど、ブリザックのレヴォ専用といっても、その柔らかさは、豪雪地帯向きだと思うし
(大昔、一度履いた事があるんですが)普段の走りは、ちょっとヨタって怖いという印象。

となると、ダンロップ一択しかない、というのもイマイチ。

個人的には、初めて履いたスタッドレスが、ミシュランのXICE(カルディナ時代)。
その後、スバル(OUTBACK)に乗り換えても、2回ミシュラン(XICE2)で過ごしています。

遠出は高速移動が主体ですし、豪雪地帯にそれほど行くわけでもない。
どちらかというと夏タイヤなテイストが欲しいし、カッチリした乗り心地が好み。

となれば、ミシュランにせざるを得ない→インチダウンしかない、という事になります。
(ちなみにピレリとかコンチの経験もありません)

ホイールの選択は、欲をかけば
SUBARUのSTIが欲しい(*´Д`)ハァハァ
お値段はそれなりにしちゃいます。(ちなみにMADE IN JAPANのENKEI製です)

レヴォーグのSTI Sportに、STIと書いたホイールを履くのはどうなんだろう?
ちょっとやり過ぎじゃないのか?てな気も致します。(でも格好いいんだけどね)

ディーラーと、スバル直系のカスタムショップで見積もってみました。
・・・18インチSTI+ダンロップ>17インチSTI+ミシュラン な値段です(当たり前)。
秋の感謝祭値引きでも、なかなか渋い値段です。どーすべ。

ちなみに、純正でない、ENKEI製ホイール+ミシュランで見積もりして貰いましたが
STI銘分高いだけで、それほど差がなく、やはりDラー系は高いという結論。

ということで、天下のオー○バッ○スにも立ち寄ります。
ここでは、STIホイールは買えないので、最後の「ENKEI製ホイール+ミシュラン」で見積もりを。

それがね、奥さんっ。
タイヤからしていきなり3割引です。
11月までのキャンペーンで、組み込み工賃は無料ですし
やはり量販店は数が出るだけ、値引率も高いという印象。
(だから、OUTBACKの時も、ココで買ったんだよね)

ちなみに、ココでも「メーカー推奨のサイズにしてね」という事なので
ミシュラン選択なら17インチに決定・・・という事になります。

見積を貰って、一晩考える事に。

1)タイヤ
  以前使っていたし、やっぱり、ミシュランで行きたい。
  今年発売の「XICE3+」に、該当サイズもあるし、これをチョイスしたい。

  17インチにして、タイヤとタイヤハウスのクリアランスも確保すれば
  少し雪深い所にいっても、18インチよりは安心だろうと推察。

  (ただし、レヴォーグは車高は低い=約135mm(※OUTBACKは最低地上高200mm)。
   轍に弱く、ラッセル車になる可能性はある(ググるとでてきますw))

2)ホイール
  星の数ほどあるので、もう選んだら、キリがない。
  17インチにするなら、STIに拘る事もないだろうという結論。

  以前もENKEIを使ってたし、STIもENKEI製なので、ENKEI製からチョイス?

  候補①・・・OUTBACKで履いた、TYPE03の後継である、ENKEIのPF03?

  TYPE03の後継故、ほとんどクリソツです。
  でも、ダークメタリックはマット仕上げで暗めな雰囲気(黒すぎるんじゃないかと予想)。


  んで、お店でカタログを調べて頂いたら、ちょっと気になる、同じシリーズのがこれ↓

  候補② 今年出た ENKEIのPFM1。ダークシルバー色なので、マット仕上げではありません。

これ、良いんじゃないの?


 3)装着寸法概算

 夏タイヤ=225/45R18 ホイール:18Jx7.5 オフセット+55
 冬タイヤ=215/50R17 ホイール:17x7.0 オフセット+48

某サイトから拝借。タイヤもそんなに外に出ない計算となりました。

 
 4)自作マッチングシミュレーション
じゃあ、レヴォ子に履かせたら、どんなイメージ?

<左:現行  右:PFM1を履かせた雰囲気>

うむ、悪くないかも。
ネットでも18インチの写真しか出てきませんが、17インチの場合にはタイヤ部分が太くなります。

<結論>
17インチのインチダウンで、PFM1+ミシュランXICE3+ で決定します。
(ということで、オー○バッ○スさんで、取り急ぎ、押さえてきました)

実の所、こんな事でいつまでも悩んでる時間がありませんっ。
て、いいながら、この連休、これに時間をつかっちゃった次第です。



(おまけ)

スバルのカスタマイズショップで、ワイヤレスキーのカバーをゲット。
少し遅れた誕生日プレゼントとして♫



最後に、ココへ。


明日から、異動後、第2週目です〜。



コーティングの撥水効果を見る2017年09月23日 23時55分

はい、コーティング完了から2日目の夜(昨晩ですね)

結構な量の雨に降られました(´ヘ`;)

ドアの取っ手の下側とか
ドアミラーの下になる、脚元(スカート部分?)に
「白っぽい雨だれ跡」ができてしまうのがこの車の特徴です。(形状からですね)

コーティング屋さんからも
マイクロファイバータオルで洗車時に吹けばOKと言われたので
洗車(手洗い)をレヴォで初トライします。



今回は撥水系にしたので、コロコロと洗車はホント気持ちいい。

サラサラと水玉が落ちてゆくのです。

ただ・・・

アウトバックに比べて、
結構複雑なパーツ分けと形状をしている、レヴォーグくん。
グリルもメッシュにしちゃったから、意外に拭き上げが大変という事が分かりました(´ヘ`;)

あ、エンジンルーム、まだ1回も開けて無かった・・・

白いオープンレバーに気がつかず、ボンネット開放に手間取った、DIT2.0Lターボの勇姿。

さて、週末は、長野まで出かけます。

<おまけ>

タイヤは、ダンロップでした。

ゴム製から(アウトバックも自分で交換してたけど)金属製のキャップに交換。