レヴォ子美肌メンテ2019年12月28日 19時00分




はい。
昨日、年内の仕事を納めました。

本日は、レレ仲間とちょっと茶会をしている間
ウチのレヴォ子の美肌(コーティング)メンテを。

ボンネットのフロントグラス側と天井面は、染みだらけなので、きれいに。
フロントとリアのガラスコーティングも再施行です。

野ざらし駐車場の宿命ですが、美肌を保つのは女性も苦労は同じ。
さてさて、雨乞いの儀式にならなきゃ良いのですが。


なぜ?どこで?2019年12月01日 18時41分



明日が雨と分かりつつ
先日からの介助系対応で、レヴォ子の足周りがドロドロ。
来週に洗車?も考えましたけど、流石に我慢できず、久々に自前洗車。

こういう時は「なにかを知らせている」訳です。

ほぼ洗車が完了し、ホイール周りをやっていると
フロント右に1カ所
リアの左に数カ所・・・
アルミホイールのスポーク部分に、写真の様な、打痕が沢山・・・。

自分でガリガリやった傷なら分かるし、そもそもタイヤ近くのリムになるハズ。
冬に入替、秋にまた換装という流れなんですが
ラックに保管しているし、運搬時も1本1本気を付けて運んでいます。
こんなホイール中央部にだけぶつける運転テクニックも持ち合わせていません。

となると、タイヤ換装時にしか思い当たらない?
てなると、ディーラーの作業を疑うしかなくなります。

実は、春先、夏タイヤに換装した後
「入替用に、タイヤの「袋」にマークしておいて」という指示に対し、
トレッドパターン上部に、こんなチョークを書いたのが、Dラーです。


これ水で消えないので、どうするんだっ、と営業にクレーム。
シリコンオイルスプレーを持って、自宅まで営業が来て消したのが半年前。

今回、11/22にタイヤを冬タイヤに戻しました。
「絶対!タイヤにチョークで書かない様に!」と指示してたのに
雨で濡れたタイヤを自宅で開封したら・・・・これorz


デジャヴを見ているかの仕業・・・
(さすがに「莫迦なの?」と叱りました。営業からの伝達が悪かったとの言い訳。
 たぶん、営業担当じゃなく、サービス担当がアホなのでしょう)
当然、クレーム。再び営業さんがシリコンオイルスプレーを持って・・・(つ、疲れる)。

ス◎ルは良い車を作ってると思うけど
ワタクシの通うDラーは、正直、車の扱いが雑です。
(前のOUTBACKの時もいろいろ実績?あり)

故に、今回の件も、可能性は否定できません。

・・・一応、この傷、見せに行きましたが
「作業でつく傷ではない」との事(そりゃ、そういうよね)。

では、どうやったらコレがつくのか?
アスファルト的なかなり粗い床などに、ホイール面をぶつけないとできない?
自分でやっていたら、ビニールにも穴が開いてるはずですし、気がつくはず。

正直、犯人捜しはできませんが、原因不明。
ただ、こういう事も発生することを考えると
入庫前後でチェックし、傷の有無も確認しないと、
もうDラーには渡せないという事になります。

洗車の状況ですが
コーティングの再施行から半年。
天井面と背面ガラスがかなり(雨ざらしなので)デロデロしていました。

Dラーの後、その足で、コーティング屋さんへ直行。
年末のメンテの予約をしました。

さて、このホイールですが
ガリ傷の修正は、実績あり(ただし板金屋さんに出して補修)。

このケースだと、パテ盛りの上、全塗装になるかも?との事。
費用から見ると、ENKEIのホイールを1本買った方が早いかもです。

いずれにせよ、春先にタイヤを外してからの作業か。
それとも冬だけだから我慢するか・・・。

使っている以上傷がつく、車。大きな事故がないのが一番ですが、
こうした傷にせよ、何が起きたかは、ちゃんと理解の上、納得したいのですよね。

そういう意味では、普段から、自分でチェックしないとダメなのかな。

うーむ、再リコール(´ヘ`)2019年09月22日 18時00分


数日前に、スバルから不幸の手紙がorz

レヴォ子の「エキゾーストパイプフロント締結ナット点検」という内容ですが、分かってるなら
8月末の2年点検でやって欲しかった(まあ、国交省から出ないと対応できないのだろうけど)。

行く手間を考えたら、効率悪しです(取りに来させるのもアリですが)。

営業担当に電話すると、9月は作業ができない程、混んでいるとの事。
内容的には小一時間。何か問題があれば、数時間コースらしい。

10月の中旬に予約を取りました(´ヘ`;)

さて、運転中に「電池が少なくなってます」アラートが出てきたので
スマートキーの電池交換を。

取説にあるのですが、イマイチ分かりにくいですね。

メカニカルキーを取り出して、ここの隙間からこじ開ける必要あり。これ、ちょっと怖い。

ばらすと、こんな感じ。

ケースから本体を出して、作業。

こうしたプラ製品は、C国製が主流なので、すぐ壊れるのが、最近の傾向。
ツメが割れない様にするのが、怖いっす。

無事、電池交換完了。

それにしても、リコール2回目だよ(OUTBACK時代にエアバッグ問題もあったな)〜。