ボサギター5回目 → 丸の内2020年01月12日 20時55分


本日は、1月最初のレレ・レッスンをサボって
ボサノバギターの5回目WSです。

お題は「Corcovado(コルコバード)」。
これも、スタンダードな曲。
相変わらず、コード押さえは苦しいのひと言ですが
何をやろうとしているかは、理解できているので
練習あるのみなのです。

さてさて、折角、築地まで出かけたので
カミさんを一緒に付き合わせて、その後は、丸の内へ。

たまには、スナップくらい撮らないとと、PEN-Fをお伴に。

先日、どこ。さんと夜景撮影にココに寄りましたが
本日は、やや曇天。
幸い、ギター持ちですが、雨が降らず良かったです(車ですけどw)。

お昼は「新丸ビル」で、天ぷらなぞ。
200112-003

東京駅を望むエリアから
ちょっと、70年代風なかんじで?

200112-004

200112-007

200112-006

丸ビルカードは使わないと2年で、失効しちゃうので
ちょっとした買いものを。

ポイントはすぐ消えるのですが
1時間駐車場無料は、お得なのです。

「丸ビル」の1階は、京都物産展。
200112-011

200112-012

200112-013

「国際ビル」まで、遠征。
「丸ビル」サイトに掲載されていた、ガラスの壁を発見。

200112-015

この界隈では、古いビルだと思うのですが
ちょっとアートな内装です。

200112-016

200112-020

200112-021
カミさんのシルエットのラインと考えると、もっと絞るべきだったかな。

200112-023

200112-028

ということで、小雨がぱらついてきましたので
撤収します〜。

200112-029

ボサノバギター 4回目2019年12月14日 12時00分



ボサノバギターの4回目のWSに参加。

今日は、愛機となったアントニオ・サンチェスを持参したいので
車で都内某所へ。

駐車場はどこでも「タイムズ」な感じですが
比較的大きな土日が空いてそうなエリアを見つけました。

ここから徒歩で数分が、会場。

本日のお題は「スマイル」
中級以上らしきオジサン1名、オバサマ1名、ワタクシと、30代前半?らしき女子1名。

到着早々、先生から「この間はありがとうね」とライブの御礼が。
カミさんも集中して聴いていた様なので「ボサノバが好きな様子がわかったよ」とのコメントが。
「楽しいひとときを過ごせました」とこちらも御礼を。

さて、4回目となったレッスンですが、新曲なので、やはりてんやわんや。
ただ、これまでやった楽曲のコード(押さえ方)も出てくるのと
「スマイル」はウクレレでもやっていますし
比較的楽な構成と短さだったので、なんとかやりたい事は理解。後は自主練あるのみです。


このペースで、1月までやれば1巡。
次は、最初の「ソダソサンバ」に戻りますが
なかなか練習の時間も取れないので、2周くらいしなきゃだめかなと。

その先は、上のクラスに行けるのか、果たして。


Live@OuchiCafe2019年12月07日 20時00分


(ちょっと遅れての更新でございます)

12月はいろいろ音楽イベントを入れておりまして
先日のバタバタもあるのですが
家族の間では
「こんな時こそ、そちらをキャンセルする事は無しにしよう」
ということで、本日はそのイベント第一弾へ。

ボサノバギターの師匠のライブ
都内に比べたら、断然近いエリアなので、予約しておりました。

近くのショッピングセンターに車も置けますし
ライブ前に食事するために、会場入り。

P1080006


自然食な感じのカフェです。
P1080007


会場には、既にギター師匠こと木村純センセイが。

いつものレッスン会場でなかったので
最初は気がつかれませんでしたが
声掛けすると思い出して頂けました。

P1080008

18時くらいから、テーブルに準備されていた食事を。
おにぎり+味噌汁+お番菜的な内容ですが
もたれる感じもなく、美味でした。

コーヒーと小さなデザートも付いて、MC合わせて4000円。

P1080030

元サラリーマンでもある、センセ。
どこからのレレ師匠とは違いますので(爆)
テーブルを回りながら、ご挨拶してくださいます。


本日のセットリストにも入る、クリスマスソングのCDをゲット。

P1080018

19時くらいから、ボサノバギターのソロ・ライブスタート。
途中で、先生の知り合いの女性(ボーカリスト)も入って
歌も合わせてのライブを堪能できました。
(リクエストある?との事で「OneNoteSamba」も♪」


ライブは2部構成で、21時くらいまで。
通しでライブを拝聴するのは初めてでしたが
ギターの「師匠選択」は間違っていなかったと確信。

奏でる音色は穏やかで洒脱。
楽しいひとときを過ごせましたし
カミさんも、この頃の多忙を
少し忘れる事ができたかと思います。

P1080036

終わったら、記念撮影も頂いて、帰路へ。
「来週末、また(ボサギターの)レッスンで」ということで
会場を後にしました。

買ってきた、クリスマスCD。
オスカー・ピーターソンのカバー
なぜか夏の前の曲ですが、アレンジが素敵。
「When Summer Comes」がベストでした。