さきたま古墳群2016年10月15日 12時00分


異動から、2週間。なんとか生き延びております(大げさ)。

久々に快晴。
少し出遅れましたけど
カメラ雑誌で、桜の季節に行きたかった場所へGO。

埼玉は行田にある、古墳群へ。

161015-009
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

いや〜、それにしても遠い。
圏央道を降りてから、グーグルマップに怪しい道を案内されて
ようやく到着した次第。

S記念公園ほどの整備はされてないものの
5世紀後半から7世紀はじめころに作られたとされる
9基の古墳が群衆している珍しい場所。

なんと、古墳の上に桜の樹が生えていて、
さらに、これに登れちゃうなんて、罰当たりな気もしますが
広くて清々しい場所に来たかったので、これは正解かも。

公園風になっている一角で、おにぎりを食べて、一息。

161015-002
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

161015-008
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO

161015-003
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO

駐車場はほぼ満車なのに、こちらは殆ど人出なし。
勾玉作りか埴輪作りの場所があるので、そちらが混んでいるのかも?

161015-010
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

広々とした空間の中、まわりに古墳があるという風景は
ちょっと体感のしたことの無い雰囲気。

ただ、あまりお墓的な感じがしないのは
1500年近く経っているからかもしれません。

161015-011
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

折角なので、丸墓山古墳に登ってみます。

161015-012
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

ああ、桜の咲いている季節に来たかったけど、半年遅いです。

161015-013
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

まあ、なんということでしょう。
古墳のど真ん中に向かって、階段が作られています。

161015-015
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

同じ様な構図で

161015-016
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

今日は、ZDの8mm(魚眼)も持ってきました。

カミさんが先行します。

161015-018
OM-D E-M1+ZD ED 8mm Fisheye

振り返ると、土手の様に、道がなっているのですが・・・

161015-022
OM-D E-M1+ZD ED 8mm Fisheye

実は、ココ。
小田原城攻めの時、最後まで陥落しなかった「忍(おし)城」攻めの舞台。
土手に見えたのは、石田三成が作った、石田堤の一部らしいです。
(うーむ、まさに大河ドラマの舞台やん)

161015-023
OM-D E-M1+ZD ED 8mm Fisheye


上に登ると、立派な桜が。

161015-026
OM-D E-M1+ZD ED 8mm Fisheye

どうやら、ここの古墳の上に、陣を設けた様子です。

ていうか、忍城もここから丸見えですから。

161015-028
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO+MC14

眼下には、秋の風景が広がっていました。

161015-029
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO+MC14

さて、古墳を下ります。

161015-031
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO


161015-034
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

古墳を北からグルリとまわって

161015-036
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

161015-040
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

古墳群から一度、離れます。

周辺道路から見た、二子山古墳を過ぎて

161015-041
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

看板で見つけた、神社へ。

161015-042
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

武蔵国前玉(さきたま)(幸魂)神社、です。

161015-043
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

161015-044
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

実は、この神社も古墳の上にあるとのこと。

大化の改新よりも前に、古墳群を守護する目的で鎮座したとの
お話しもある様です。

161015-045
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

ネコと入れ違いに、参拝へ。

161015-046

OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO


161015-047
OM-D E-M1+LEICA DG SUMMILUX 15 mm 

ご祭神は、前玉比売神(大国主系)とのこと。

そして、我が産土の神さま、木花開耶姫も祭られてたりして

161015-050
OM-D E-M1+LEICA DG SUMMILUX 15 mm 

浅間神社って、なかなか少ないのですよね、関東圏では。

161015-048
OM-D E-M1+LEICA DG SUMMILUX 15 mm 

御神気を頂いて、戻ります。

さっきのネコは、神社のネコでした。

顔を洗うのを、撮影。

161015-054
OM-D E-M1+LEICA DG SUMMILUX 15 mm 
161015-055
OM-D E-M1+LEICA DG SUMMILUX 15 mm 

161015-052
OM-D E-M1+LEICA DG SUMMILUX 15 mm 


161015-051
OM-D E-M1+LEICA DG SUMMILUX 15 mm 

161015-053
OM-D E-M1+LEICA DG SUMMILUX 15 mm 

神社を後にして・・・

最後は、秋桜畑へ。

161015-059 OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO

161015-056
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO

161015-058
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO

161015-062
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO

161015-064
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO

161015-066
OM-D E-M1+ZD ED 8mm Fisheye

ノーファインダーで。

161015-068
OM-D E-M1+ZD ED 8mm Fisheye

161015-070
OM-D E-M1+ZD ED 8mm Fisheye

161015-071
OM-D E-M1+ZD ED 8mm Fisheye

そうそう、魚眼レンズは、昆虫レンズでもあったんですよね。

カミさんが、こっちにトンボがいるというので・・・・

(このあと、昆虫が苦手な人は飛ばしてください)


それにしても、トンボって逃げませんね。
レンズが黒いから、敵だと思って、身がすくんでいるのでしょうか?

こんなに近づけました(ただし、絞りが足りない(´ヘ`;) )
161015-072
OM-D E-M1+ZD ED 8mm Fisheye

上からも、狙って
161015-074
OM-D E-M1+ZD ED 8mm Fisheye


さらに、蝶々も。

161015-075
OM-D E-M1+ZD ED 8mm Fisheye

(もう少し近づけたのもあったけど、フォーカス外れorz)

ということで、久々に、写真を撮ってリフレッシュしました。

161015-076
OM-D E-M1+ZD ED 8mm Fisheye

オリパス講座+第6回お散歩カメラ会 (UP!)2016年07月30日 23時00分



随分前から「フラッシュ」の使い方を学びたい・・と思っていました。
オリンパスで開催されている
「ズイコーデジタルアカデミー」の中に
「〜フラッシュ&ライティング編〜」なる講座をメルマガで発見。

これは、行きたい。
そういえば、もはや写友とも呼ばせて頂きたい
どこ。さんとも、そんな話をしていたったけ。

ということで、彼に連絡。
お散歩カメラ会と併せてということで、快諾頂きました。

本日は、その講座の日。

新宿に移転した、オリンパスプラザに行くのも初めてです。

160730-002
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

B1階のオリンパス・プラザに目もくれず(ていうかまだ開いてない)
10時過ぎに、現着。

どこから入れば良いか悩んで、ギリギリになっちゃいました。
B1階から素直に行けば良かった(´ヘ`;)


160730-013
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO(パートカラー)

どこ。さんが先着していて
最前列を確保していて下さいました。

160730-001
OM-D EM-1+M.ZD12-40mmPRO


座学を中心とした講義が8割。
最後に、フラッシュ、定常光、リモートを用いた実習という形。

私より、機材に詳しい、どこさんにとっては
少し物足りないかな?という印象でしたが
正直、FL-50Rをキヨミズダイブよろしく購入してから
満足に使いこなせてないワタクシには
座学は、頭の中をきちんと整理できる基礎となる勉強会でしたw


160730-003
OM-D EM-1+M.ZD12-40mmPRO
昼休みをはさんで、座学が終わると、少しだけ実習時間。

今回、事務局から出てきた案内は
何を持って行けば良いのやら、な内容でしたが
意外にレンズを借りられたり
4つのテーブルに分けた2つには
フラッシュ×2個的なアレンジがしてあったりと
自宅からFL-50Rを持って行かなくても、講座は受講できました。

もちろん、E-M1についている付属のフラッシュFL-LM2は
ワイヤレスフラッシュには必須です。

実習は、習うより慣れろという感じで
講師の桃井先生も「これが絶対」という教え方ではなく
「撮影したい、イメージに合った光を選ぶ」との説明でしたから
私にとっては、なかなか良かったと思います。

実習開始後、まずは「定常光」に(逃げる)。
160730-004
OM-D EM-1+M.ZD12-40mmPRO

ちなみに、テーブルフォトを狙うために
久々に12-40mmPROを使っていたりします。

7-14PROを買ってから、出番の少ないレンズ。
どこさんとも、講座がなけりゃ、持ってこなかったと、不遇の扱いを受けてたりします。

160730-009
OM-D EM-1+M.ZD12-40mmPRO

こんな照明が、密林で買えるそうなので、調べてみよ。

ちがうテーブルに移動。こちらはトレペにフラッシュの組み合わせ。

160730-005
OM-D EM-1+M.ZD12-40mmPRO

リモートさせるために、受光部を気にしなきゃならないので、
距離を稼ぐために、60mmマクロや75mmなど、教室にあるものを借りたりもしています。
(だから12-40mmPROの40mmって足りないんだよお)

160730-012
OM-D EM-1+M.ZD12-40mmPRO

ちがうテーブルに移動。こちらはライトスタンドにフラッシュが。

160730-008
OM-D EM-1+M.ZD75mm

でも、造花やサンプルでは、いまいち、写欲が沸きません。
まあ、ここでは「光りがどう当たるか?」を勉強しろという事でしょうか。

160730-007
OM-D EM-1+M.ZD12-40mmPRO

最後に、また定常光にもどる。

160730-010
OM-D EM-1+M.ZD60mmMacro

160730-011
OM-D EM-1+M.ZD60mmMacro


ということで、約5時間の講義が終わりました。

講義の後は、少し気になるセンサーの汚れを
「オリンパス修理センター」で、清掃してもらっている間に
B1のオリンパス・プラザで時間つぶし。

ワタクシは300mmPROを初めて確認しましたが
あの手ぶれ補正は、凄すぎですね。

なんちゃってライカが買える値段でなければ
キヨミズダイブしたい魅力です。

オリプラのお姉さんと、どうでも良い雑談をしている間
どこさん、大きなカバンを持ってるのに
なんと、追加でディスカウントされていたカバンを購入!

数時間後、X攻撃でカバンを掛けるどこ老師の姿が。
「あれ、カバンが増えてる((;゚Д゚))ガクガクブルブル 」てな
ことをつぶやいていましたが、たしかに、お財布からお金を出してましたよ。

無料で清掃が終了したら、移動します。

160730-014
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

160730-015
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO(リニュークレール)

さて、これからが、第2部=「第6回お散歩カメラ会」です。
湘南新宿ラインで、一路、横浜へ行きます。


実は、隅田の花火がありますが
人混みキライな両名ですから、それを避けた形です。

関内駅から、大桟橋へ向かいます。

160730-017
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

160730-018
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO(リニュークレール)


160730-022
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

私がセンサー掃除に小一時間かかっていたので
夕陽が迫る時間でした。

160730-023
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

160730-024
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

160730-027
OM-D EM-1+M.ZD12-40mmPRO

そのまま、一気に(というか写真寄り道はしてますが)、大桟橋へ。

テロ対策か?
動画撮影中なのだけど、カメラ番のおねえさんは
携帯に勤しんでいました。おまえバイト中だろ?

160730-028
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

久々に持って来た、Fisheyeも使います。
160730-029
OM-D E-M1+ZD ED 8mm Fisheye

夕陽に執念を燃やす、どこさんをデッキに残し、うろうろ。

160730-030
OM-D E-M1+ZD ED 8mm Fisheye

160730-031
OM-D E-M1+ZD ED 8mm Fisheye

160730-032
OM-D E-M1+ZD ED 8mm Fisheye

ついでに、トイレにいって、さらに、アセ拭きシートを使ったら
またまたテロ対策でゴミ箱すらないという(´ヘ`;)

160730-033
OM-D E-M1+ZD ED 8mm Fisheye

上のデッキで粘る、どこさんの近くで合流し
ずっと邪魔だった、三脚を設置。LIVECOMPでいろいろ撮影。

こんな構図や
160730-036
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

こんな風景をしばし粘りますが・・・
160730-037
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

赤レンガ倉庫から聞こえる喧噪にウクレレの音が?
あ・・・今日と明日は「ウクピク(ウクレレ・ピクニックというイベント)」でした(爆)

たぶん、仲間の数名が参加しているかも?
明日なら、わがキヨシ師匠も演奏しているハズ・・・

ま、そんな事もあるのですよね
(単なる偶然というか・・・ウクピクがOUTOF眼中w)


とっぷり日が暮れたので、そろそろ移動。

1年半前の2月にこの周辺は撮影していたので
今ひとつ、構図の引き出しが増えません。

160730-040
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

160730-042
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

160730-043
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

160730-044
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

160730-048
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO(ドラマチックトーン)

この線路跡の橋の下で、
亜空間移動を試みる、どこ老師の姿を。
160730-050
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO(PhotoshopELで合成)

端から見たら、あやしい拳法の達人か?
あるいは、見えない蜘蛛の巣に囚われた、哀れな中年(失礼)か?

160730-051
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

いつものAIR撮りをトライされていました(恒例)♪

さて、ワタクシの目的は「ぐるぐる」撮影。

なので、赤レンガをかすめながら
160730-053
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO(LIVECOMP)

丸い歩道橋を通過して

160730-054
OM-D E-M1+ZD ED 8mm Fisheye

ついに到着、観覧車の向こうにある、遊戯エリア

160730-055
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO
昔、こんなバネのおもちゃがありましたね。

冬だと8時にクローズしちゃうので、撮影できなかった
長時間露光。

私が撮りたかった「ぐるぐる」の正体とは、これです。

160730-057
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

160730-058
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO


160730-059
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

160730-061
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

最後は手持ちでも撮ってみたけど
160730-066
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

さすがに、お腹が空いてきました。
撮影が終了したのは、なんと21時頃。

クイーンズタウンへ向かいます。

160730-067
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

HardRock FEって、いったい((;゚Д゚))
鉄分タップリという意味でしょうか。ハードロックだしな。

160730-068
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO(パートカラー)

お茶漬屋さんも、ラストオーダーまで、後10分。

160730-070
OM-D E-M1+LEICA DG SUMMILUX 15 mm 

生姜焼き+お茶漬け定食でしたが
ご飯の量が半端なかったです(でも、完食)

160730-072
OM-D E-M1+LEICA DG SUMMILUX 15 mm 

食事を終えて
ライトアップした「日本丸」を横目に、帰路につきました。

どこさん、お疲れさまでした。

アルバム全体は↓こちら

@Yokohama

桜散る 富士山本宮2016年04月09日 19時00分


今年は3月に行けなかった、富士山本宮 浅間大社。

今週は、眠い目を擦って、なんとか起床。
少し出遅れ気味でしたが、渋滞に巻き込まれる事なく
富士宮まで、行ってきました。

目的は、桜のパワーに包まれた御神気を感じつつの撮影と
1年振りの、拝殿参拝です。

1604Sengen-001
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

満開を過ぎた桜は、もうすぐ散る間際。

それでも、境内全体が穏やかな桜色に染まっていて
やはり、桜の咲いた時期が、この神社には似合います。

1604Sengen-004
OM-D E-M1+ZD ED 8mm Fisheye(ポップアート)


1604Sengen-008
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

お天気は、少し雲が掛かっていますが
時折、穏やかな日射しが差してきます。

軽く参拝を済ませると
拝殿参拝を申し込みます。

1604Sengen-009
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

まだ午前中の早いウチなのですが
戌の日は明日(10日)なのに
初参りの赤ちゃん連れの多い事。

数グループといっしょに拝殿参拝となります。

初参りの数グループの名前と祝詞の後
ウチの「神恩感謝」の祝詞が。

おもしろいというか、興味深い事に
「神恩感謝」の祝詞って、家内安全からモロモロの事まで
かなり長い事を神前に述べてくれるのです。
ある意味、お得?とも言えます。

以前からこの「拝殿参拝」を執り行って頂くと気がついて
いたのですが、カミさんも本日気がついた事が1つ。

我々の後には、お賽銭箱があって、一般参拝の方が
それぞれに、お参りをしている訳です。

ここの神社の拝殿はオープンなので
その仕草が、後からの音で、まる分かりなのです。

大声で話す声、お賽銭を銭形平次の様にばらまく音・・・
神様の立場と申し上げるのは、恐縮ですが
ご神鏡が祀られている正面と背面のお賽銭箱の間にある
拝殿からは、それがもの凄く分かるのです。

つまり、失礼な事をやってると、ホントに分かるという事。

おまけに、初参りのうれしさは分かるのですが
付いてきた親戚の高校生が、あの無粋な音をさせて
携帯カメラで、拝殿産パイチュウも記録撮影しているのには
怒りというか呆れるというか、ホント辟易しました。

叱ろうとしましたが、カミさんに制止された次第。
神社側には、先にマナーを教えて貰うしか、もう方法なし、です。

それでも、1年振りに拝殿参拝を行って頂き
なんとなく、クリーンな気分と申しますか、スッキリした感じがあります。

この数ヶ月、かなり憂さも溜まっていましたし
そういう意味では、浄化された気がしました。

参拝を終え、今度は桜撮影に。

春の風が吹けば、そこは、花吹雪に。

1604Sengen-010
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

1604Sengen-013
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

1604Sengen-015
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO

1604Sengen-016
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO
1604Sengen-017
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO


カミさん曰く「巫女ストーカー」なワタクシです。
とは言え、ブログに載せられる写真となると
それなりに、肖像権にも留意しなければなりません。

1604Sengen-018
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO

シャッターチャンスは、なかなか訪れず
トライを繰り返しつつ、境内も撮影。
1604Sengen-019
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO

1604Sengen-021
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO

そんな間に、百式をもたせていたカミさんが
渾身の一枚を撮っていたのにはやられました。

1604Sengen-014
Panasonic DMC-LX100( 撮影BY カミさん)

トリミングはワタクシ(爆)。
タイトルは「Miko Double Shot !!」としましょうか。


1604Sengen-025
OM-D E-M1+LEICA D SUMMILUX 25 mm

1604Sengen-024
OM-D E-M1+LEICA D SUMMILUX 25 mm

1604Sengen-029
OM-D E-M1+LEICA D SUMMILUX 25 mm

1604Sengen-030
OM-D E-M1+LEICA D SUMMILUX 25 mm

1604Sengen-032
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

なんとか、桜散る前に、来られてよかったです。

1604Sengen-034
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO

もう少し、望遠で、桜を。
1604Sengen-037
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO

1604Sengen-039
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO

1604Sengen-040
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO


流石にお腹が空いてきました。

お昼は、ビオファーム松木系の「野菜食堂」へ。
1604Sengen-043
OM-D E-M1+LEICA D SUMMILUX 25 mm

1604Sengen-044
OM-D E-M1+LEICA D SUMMILUX 25 mm

1604Sengen-048
OM-D E-M1+LEICA D SUMMILUX 25 mm

やはり、きちんとした野菜を使った
柔らかい味の料理で、おいしかったのですが
残念ながら、5月の終わりで閉店となる様子です。

ということで
もう少し写真もアップしていますので
興味があれば、↓へ。

2016 Fujisan_Hongu
クリックすれば、Flickrに飛びます。