第7回 お散歩カメラ会2017年05月04日 20時00分


本日は「第7回お散歩カメラ」として
もはや、フォト・フレンド?かフォト・バディ(爆)と呼んでも良い程の
「どこ。」さんと、藤撮影と、入間ジョンソンタウンへ。

いっしょにお散歩カメラするのは16年7月の横浜以来。
お会いするのは9月のマンフロ(三脚)購入から、半年以上。

でも、ブログでやりとりしているので、しばらくぶりという感じはなく
どこ。さんちのチンク(FIAT500)で、GOGOなのでした。

5枚UPということで、まずはチョイスです。


170504-029
タイトル 「どこ。さんを探せ」
OM-D E-M1 MarkⅡ+M.ZD 40-150mmPRO

170504-061

OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

このカラフルなマグカップ。
到着して最初に入ったお店で見つけたのだけど
荷物になるから後にしよう、と思って買わなかった・・・
夕方戻ったら、このカップだけ売れてしまっていたという(´ヘ`;)
悔しい思いを込めてチョイス。



今回のスレは、写真=5枚制約。
なので、チョイスしたら
全然アメリカンな雰囲気の写真が外れちゃった。


170504-067
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

フォトスタジオもあったりして。

ハワイの博物館でガラスに映るGRと
展示ウクレレを撮った時の雰囲気で
自分の撮影姿を撮影?


次は、最後に入ったカフェで。
ここは風が抜けて、とても居心地の良い所でした。
170504-106
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO(パートカラー)




170504-114
OM-D E-M1 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

最後の1枚もカフェで。厨房のガラスを。

ということで、つづきは、後で。

桜を追いかけて 2017 <その1>2017年05月01日 12時00分


2週間から10日遅れだった、今年の桜の開花。
それにも関わらず、あまり撮影できなかった4月に不完全燃焼。

昨年のGWは、自宅近郊をウロウロしていましたが
今年は、桜を追いかけたい。

ということで、長野は蓼科まで参ります。

開花が遅かった09年も、安曇野の山上で撮影ができた事もあり
ちょっと期待しながら、高速を西へ。

それがね、天気予報では、ハッキリ見えない前線があるという事で
それの通過に伴い、午後から雨の予報。

パーキングエリアではお天気だったのに
諏訪南で、高速を降りて山へ向かうと、雨。

170501-007
OM-D E-M1 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

雨あしが強くなって来たところに入ったお蕎麦やさん。

170501-008
OM-D E-M1 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

二八と十割のハーフ&ハーフ?を注文して、昼食に。

出てくる事は霧がでちゃってて、何故か洋館風の外観も撮れずorz

雨の中、原村は「深叢寺」さんの桜が2日ほど前に満開だと言うので
山を少し下って、行ってみます。

170501-009
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

楼門と青空をバックに桜・・・的な写真を見ていたので
この天気がうらめしい。
でも、明日は晴れるというので、リベンジするつもりで
雨の中の桜を撮影。

170501-010
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

170501-011
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

背景が白から青になってえ〜と思いつつ
明日のためのシミュレーションを。

雨もシットリして良いんですけど、やっぱり晴れの撮影をしたい。

170501-012
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

桜としては「散り際」という所でしょうか。

ここで標高1000mちょっとですから、もう少し上がらないと
満開丁度の桜には出会えないという事でしょうね。

170501-015
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

170501-019
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

170501-020
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

それにしても、透明傘を自宅に置いてきたのは失敗。
傘を差しながら、防塵防滴祭りな撮影ですが
黒い傘だと、影を造っちゃうので、撮りにくい感じです。

170501-021
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

今日はこのくらいにしておいてやるって所で、ホテルへ。

いつもの常宿です。

170501-024
OM-D E-M1 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO(Pカラー)

170501-026
OM-D E-M1 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO


170501-028
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO


ホテルに一角には、スタッフが作った
花園撮影コーナーが出来てました。


さて、お食事。

170501-035
OM-D E-M1 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

今宵(爆)のワインは・・・?
新人さんがワインリストを置いていくので、眺めていると
フロント副支配人である、ITさんが本日はレストランにも出ています。

サッと来てくれて「ピノを用意しています」と言ってくださるので
「はい。お任せします」とワインリストは返却。

ソムリエを目指しているS君がサーブしてくれます。

170501-036
ドメーヌ・コワイヨ  マルサネ・レ・ロンジュロワ(2012)
OM-D E-M1 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

「神の雫」32巻(30巻までしか買ってないし20巻までしか読んでないw)
に登場のワインだそうです。

香りはフワっとする華やかな感じ。
果実実は少ないですが、タンニンも少なく
ピノらしく、料理の邪魔をしない飲みやすい雰囲気です。

ということで、いつものAシェフのフレンチ。

170501-037
OM-D E-M1 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

170501-038
OM-D E-M1 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

170501-042
OM-D E-M1 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

170501-043
OM-D E-M1 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

170501-044
OM-D E-M1 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

うーん、いつもと同じ写真だわ(引き出し少なし)

170501-046

170501-047
OM-D E-M1 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

これまでAシェフ1人でやっていたデザートも
新人女子のパティシエが入ったとのこと。

テイストの違い分からず、ちゃんとAシェフが監修しているのだなと感心。

170501-049
OM-D E-M1 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

夜には雨も止みました。
明日は晴れるかな?

170501-056
OM-D E-M1 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

つづく・・・

桜散る季節に <寒川神社>2017年04月15日 21時56分



思いの外、桜の開花が遅かったですね。

例年の感覚からすれば、約10日から2週間遅れな雰囲気。

今週あたまがほぼ満開の雰囲気でしたから
保ったとしても今週末が最後。

後は、山梨や長野方面に追いかける他ありません。

チェアの到着後、少しモタモタしていたので
すでにどこの高速道路も渋滞の嵐。

桜咲く富士山本宮(浅間大社)に行きたいんですが
さすがに2時間以上は掛かるし、午後の天気は雨の予想。

桜の名所も知らなすぎるし、知ってる所へ向かう道路は
どこも真っ赤なマークな状況。

優柔不断していれば、どんどん時間が過ぎて行きます。

ということで、桜撮影は、GWの長野かその前に追いかけるかにして
比較的大きな神社で、都内でない所となれば・・・と出かけました。


ていうか、とにかく神社に行きたいっ。

P__P4150040
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

やってきたのは、相模国一之宮である、寒川神社。
数年前に、秋に来たら「流鏑馬神事」だった神社です。

流石に、桜はギリギリあるか、もう散り際。
それでも、この季節に晴れた状況で、神社に来れるのは幸せです。

P__P4150034
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

P__P4150035
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

P__P4150041
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

まだ散ってない桜も、撮ります(テキトーモードだけど)。

P__P4150042
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

特に祭事がある訳でないので
比較的人の出も少なく、穏やかな境内です。

P__P4150048
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

P__P4150050
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

手水舎にて
P__P4150053
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

P__P4150055
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO(ファンタジックフォーカス)

P__P4150056
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO(ジオラマ)

楼門前の狛犬の桜も、散り際でした。
P__P4150057
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO(パートカラー)

P__P4150060
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

やっぱり、ここの境内は、小さな明治神宮的な雰囲気です。
形が似てるからそう思うのかな。

P__P4150065
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

P__P4150068
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

P__P4150072
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

P__P4150073
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

P__P4150075
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

参拝をまず済ませました。
なんとなく、肩の周りがスッキリするというか、なんでしょうね、これ。

P__P4150076
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

それにしても、最近の子は自由すぎるな。

P__P4150077
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

P__P4150078
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

P__P4150083
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO


御御籤も頂いて参ります。

私は24番。
カミさんが8番を引いたので
「ああ、末広がりの数字だなあ」と思っていたら
巫女さんが
「当神社で、一番良いおみくじですよ」とにこやかに渡したのがコレ。

め、目があああ〜(金ぴかで神々しい!)
P__P4150082
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

だ、「大大吉」?!
前前前世みたいな、雰囲気だけど、こんなの初めてみたわ。
ていうか、これ引いた時点で運使ってないのか?

内容的には「万事うまく行く」的な内容。
まあ、お義父さんの病院にこの数ヶ月通い続けてましたから
それなりに大変だったハズです。ほんとお疲れさまだったよね。

ゆったりとした神社にいると、それだけで落ちつきます。

これで桜が満開なら・・・みなまで言うまい。

P__P4150089
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

少しでも、残ってる桜を探して
あっちへウロウロ。
こっちへウロウロ。

P__P4150091
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

昭和天皇の歌も掲げてあって、こういう所も、明治神宮的。

P__P4150092
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO


時折疾風で巻き起こる、桜吹雪も綺麗でした。
(SSが遅すぎて画にならなかったけどなっ)


P__P4150111
OM-D E-M1 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

P__P4150118
OM-D E-M1 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO


流鏑馬神事を見た、あの馬場です。

P__P4150093
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

P__P4150094
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

実は、この季節のモミジも綺麗なんです。
P__P4150098
OM-D E-M1 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

P__P4150105
OM-D E-M1 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

季節は、また巡っていきます。

P__P4150106
OM-D E-M1 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

御神気を頂いて、帰ります。
(この後、二子玉にん十年ぶりに寄り道するけど
 ネタがないので、この辺で)