久々に弦交換。2022年01月03日 17時01分


ギターの弦の交換、いつやったかな?と遡ってみたら
なんと20年の10月以来やってませんでした(^_^;)

ボサノバギターのレッスンは、ワークショップ形式なので不定期。
某感染症の影響もあって、19年の秋からスタートしたものの
実質中抜けの期間がトータル1年近くあり
折角スタートしたのに、やや盛り下がっていたのも事実。

ギター購入から1年経って弦交換したのが、20年10月なので1年以上経過。
もはや交換手順を忘れる程に。

当時動画も撮ったはずが、消してしまった様なので
ブックマークしていた動画を参考に、再トライしました。

ブリッジ側の結び方は、アコギと同じ(ブリッジピンじゃないタイプ)。
ウクレレもこのやり方にしてるので間違えないんけど、備忘録のため、撮影。

前回はやらなかった。ブリッジ下側の傷防止の養生を実施。
これ、アコギじゃなきゃいらない気がするんですが・・・。
(ボサギはナイロン弦(1〜3)。アコギは鉄弦ですから、切り飛ばした時の養生かな?)

スロッテッド・ヘッドなんで、弦の巻き方を忘れちゃう。

1弦と6弦は、軸の上を弦が通過してから、下から穴を通し、弦を上げて
外に向かって弦をくぐらせて、コマを穴に入れてから、巻き巻き。
輪っかを通した弦が、ペグを回して下から延びるの弦に押さえ込まれる形に、ヘッド外側に巻く。

2,3,4,5弦は、軸の上の弦が通過してから、下から穴を通し。弦を上げて
逆に、内に向かって弦をくぐらせて、コマを穴に入れてから、巻き巻き。
輪っかを通した弦が、ペグを回して下から延びるの弦に押さえ込まれる形に、ヘッド中央側に巻く。

言葉で書くと、ほんと分かりにくい。
自分でも動画を撮ってみたけど、自分の手が邪魔で弦が隠れてしまう。
解説してくれる動画は、いろいろなやり方がありますが、スロッテッドは手間ですねえ。

ボサギ6本の弦交換とギターの清掃(オレンジオイル)を合わせると、小一時間はすぐに過ぎます。

1〜3弦は、ダダリオ・EJ-45。
4〜6弦は、オーガスティンの赤パッケージ。
(今回は、4弦はちゃんとオーガスティンで張りました)


ようやく、ボサギが終了。

今度は、ウクレレの方に。

・・・あれ、オイハタの三女、2年位、弦替えてなかったよぉ((;゚Д゚))

こちらは手慣れたモノなので、掃除を入れて20分位で完了。

1〜3弦はOihataさんにお願いして組合わせて購入したストックから・・・

1弦:0.0244 → Oihata Light Gauge 4弦のGを 1弦のAに。
2弦:0.0259 ← Oihata Mediumと同じ
3弦:0.0291 → Oihata Light Gauge 3弦のC と同じ
で、
4弦:Low-G(今回は、オーガスティンの黒パッケージの4弦=D弦)
としました。


どちらも音がクリアになって、久々に新しい弦の音に変わりました。


<おまけ>

以前、チェックしてもらった、Oihataボディの下側のクラック。
塗装面だけだと思うのだけど、乾燥のためか、ちょっと目立つかな。


そろそろ、オーバーホールも考えたいと思います。


ドライな関係2019年11月17日 21時24分

3ヶ月振りのレレのレッスンに参りました。

12月分から復帰なのですが、相変わらずの変則日程で
本日17日と来月の8日が12月分っていう・・・。

来年1月の予定が出ていないので、事務局に問合せ。
たまたまレッスン中に受付に降りてきたセンセと遭遇。
「お、久しぶりだね」とは言ってくれますが、当然「◎◎君、」という枕言葉は無し。
10年以上経ても、One OF Students。

残念ながら、先生の告げた1月の予定・・・ボサギターと1日重なってます。
自分的には、重なったら「レレを休む」と決めてました。

先日の台風の影響で、10月の当日が、12月末にシフト。
ダメ元で事務局に、1月のその1日分をシフトできないか?と聞きます。

事務局はOKなんですが、どうやら過去にも生徒と揉めたらしく
先生的にはNGとなりました。

レッスンである以上、その仕切は講師にあるのは分かるのですが
事務局がOKを出しているということは、費用的に問題なしとの判断。
そもそも、義務教育の学校じゃありませんし、講師>生徒ではなく
需要(教える側)と供給(教わりたい側)の関係と考えると
WIN=WINの関係であるべきではないか、とも思えます。

たまたま1日分が10月から12月にシフトしているタイミング。
いつもなら、その1日来れないなら、そのまま休む他なしですから
そんな条件が揃う事は滅多にないこと。
毎度毎度そんな事を頼む訳でもありませんし、ごねるつもりもなし。

「承知しました」と引き下がりましたが、違和感は払拭できません。
そもそも、8月から続く、この変則シフトは、誰の都合?
12月分を11月にシフトして良いと、生徒=お客側の意向は汲まれていません。

他のエリアの教室では、第◎週の▲曜日、とか決まっている所もあります。
でもここは、ミュージシャンである先生のスケジュール調整用の教室でしょうか?

批判を書けばキリがなく、そろそろ自分も学習して
本来の目的=楽器の演奏を習う場所、と真剣に割切る時が来た様です。

3ヶ月の不在中に、新人1名が増えています。
よって新人さんは2名。メインはストロークが中心。
古参の仲間は、2名復帰、ワタクシをいれて3名(1名は休会中)
あと3名はいつもの方々・・・。
(これ以上音ズレさせたら、そろそろ文句を行ってもいい頃かもしれないな。
 まずは、その前に自分がリズム力を確保か?)

Dm7とCmaj7を繰り返しながら、中級者はCの音階(メロ)を鳴らせとの指示。
なぜか誰もやらないんで、自分は勝手にメロディを入れてました(これもコメントなし)

次は1年以上前にやったジャカソロの曲を全員で(新人さんはストローク)。
最後に「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」(今日からなのかな?)という流れ。

ボサギターはしばらくコードチェンジとボサリズムの繰り返し。
それに対し、ウクレレは譜面と譜割に従った、リズムキープとメロディの練習
どちらもやる意味はあると思ってます。

幸い、まだ古参のメンバーがいますし
ここをいずれ去るとしても、もう少し学ぶ事はあると思います。
そう、己の目的を見失わず、ドライに。

ようやく、ジャズ本の教則本も出ましたので、入手。
前回の本は再掲載が多かったけど、今回はオリジナルも入っていて及第点。

次回は12月。



<おまけ>
話題が違いますが
E-M1 Mark2の点検、オリンパスに発送しました。
3年目のリフレッシュ点検です。果たして。


アコギにナイロン。2019年08月15日 15時00分


9月のレレ・レッスンは、所用と諸事情あり「休会」としました。
キヨシ教室に来て、かれこれ10年以上になりますが、これは初めてです。

ただ・・・マンネリ化が進んでいる、グループレッスン。

人数が減っている事もあるのですが、どうもグループ内での演奏にやや問題が・・・。

グループなのですから、お互いにテンポやリズムを合わせなければダメだし
ましてや、グルーヴなんて生まれるハズがない・・・。
(自分の練習不足はかなり棚の上に挙げた上で、申しております。)
メンバーが入れ替わる前に比べたら、今の演奏は見る影もありません。

新しい曲はやっても、同じ様な事の繰り返し。
刺激が無いのもあって、カメラの写欲ならぬ、弾欲?が沸きません。ダメだこりゃ。

9月末にある発表会も今回はパス。
発表会自体は、課題曲を練習するため、ちょっとだけ上達曲線も上向かない訳でもないのですが
こんな中で、発表会に臨む意義が自分の中で分からなくなりました。


結論として
アタマを冷やす意味でも、休息期間としました。
これとは別に、ちょっと参加してみたいWSもあり。
10月にはレッスン再開ですが、まあ、気分転換です。


閑話休題。
全然弾けないし、立てかけてある飾りと化した(実は妹の)アコギ。


以前からやってみたかった、ナイロン弦化を実施。
ゴンチチのゴンザレス三上さんも、アコギにナイロン弦を張ってます。

彼の様にピックで弾く予定もないのですがw
ウクレレはナイロン弦(あるいはフロロ弦)なので、扱いしやすいかと。
ギターに張ると、4弦(巻き弦D)以下は、ほぼウクレレと同じ感触に。


以前、鉄弦を張ったとき、1弦を2度ほどブチ切りましたが(巻きすぎw)
今回は慣れたナイロン弦なので、そういう事もなし。無事完了。

え?! 今日は、弦を張り直しただけです(爆)。