Oihata メンテナンスの旅2017年12月16日 12時00分


オイハタ3女である、現在の愛機(ウクレレの事ね)。
早いもので、製作して頂いてから、もう5年です。

練習不足なので、当の本人はヘタなままですが
ウクレレそのものは良い音が鳴っているものの
だいぶ傷も入ってきています。

9月のカフェライブで、シンダー床に落下させた事もあり
メンテも兼ねて、実家に帰らせる事に。

ルシアの尾伊端さんに事前に写真を送り、相談。

P1070357
まず、塗装の割れ。
落下時に出来たか不明ですが、ボディ周辺のチェックをお願いしました。


P1070359

P1070360

スクラッチ傷がそれなりに入っていますが、
写真を送ったら、綺麗な方だとのコメントあり。

P1070363

指板、オレンジオイルだけだと綺麗にならないので、これも。


あと、PU(MiSi=マイサイ)のケーブルが
やはり、1弦と2弦の開放弦などに、共振します。

これも徹底的にやって頂く事を依頼。

プチプチで厳重に梱包して、北海道は函館にGO!

P1070376

到着後、やはり塗装のやり直しは不要。
もっとダメになってからやるべきとのコメント。
私もそう考えていましたので
1)ボディチェック
2)指板のバリ取り
3)PUケーブルの完全な制振

をお願いしました。

ケーブルはアンカーなど考えるという事でしたが
表板などは避ける方向での検討。

2日で作業が完了。
木曜発送で、土曜日到着。
結果、発送〜メンテ〜到着まで1週間で完了しました。


帰ってきました。

1712_OihataOH-008

ビニールは塗装に悪いとの事で
ケース内は、ウエスで保護して
全体はクッション材で梱包と完璧な配慮。

ケースを開けると、綺麗になった愛機が入っています。

1712_OihataOH-003

バフをかけてくれた様子で
スクラッチの傷が完全に無くなっていました!!

綺麗なコアの虎目が鮮やかになっています。

1712_OihataOH-004
PUのケーブルは、サイドにフックを設けて迂回。
ケーブルのビビリ=金属音はほぼ解消。
もともとこの機体の音質もあるかもしれません。


指板もフレットのバリがなくなり、ピカピカに。
1712_OihataOH-005


1712_OihataOH-006


1712_OihataOH-007


1712_OihataOH-002

これからも、大事に使っていきます。

1712_OihataOH-001

連休中に2013年09月16日 10時00分


はい、もう1つの趣味の話題。

本日、誕生日なんですが(もうね、この歳だとどうでもいいんですがw)
台風通過待ちで、自宅待機中でございます。

雑誌とかBDでも見て、のんびりしたいと思いますが・・・

3月にOihata末っ子を調整に出してから、もう半年。
なんとなく、音がスカスカしてきた感もあり、そろそろ弦交換か?と先月から思ってました。

ようやく時間が取れたので、昨日ですけど
オレンジオイルで綺麗にするのも兼ねて、弦をハズします。
Oihata0915-001
E-5+ZD ED 12-60mmSWD

やはり、E-5のバリアングル液晶は、こういう時は使いやすいなあと思いつつ撮影。

指板もだいぶ汚かったし、やはり定期的なメンテは必要です。
Oihata0915-002
PLフィルターとか使って、乱反射を防止したり、カメラの練習も兼ねて、撮影。

プレミアムコア材の木目が、以前より、強くなったのかなとも。
ラッカー塗装が木目の凹凸に沿って、表面が波打った感じになってますが、まあ、想定内。

MiSiAcousticTrioPUのピックアップ部分が、サドルの下に確認できます。
Oihata0915-003


ちょっと悩んだけど、やっぱりOihata弦にしました。

弦交換して気がつくんだけど、交換後は音量がやっぱり違う。
演奏して大丈夫だと思っても、弦が劣化してると、音の出方が違うんですね。

このタイミングで、交換して正解でした。

Oihata0915-004

ということで、半年ぶりの弦交換でした。


調整完了2013年03月30日 17時00分


Oihata 147Ver1-001

先日のレッスンブログにも書きましたけど
20日から、函館帰りさせていました、147号機(Oihata 三女)が、戻ってきました。

11月に嫁いだ直後、PU不具合で、12月に一度 里帰りさせたんです。

でもその後、冬場の所為か、原因はよく分からないのですが
指板からフレットの金属のバリがだいぶ出てしまっていたのと
PUもそうですが、1弦の開放+1〜3弦の音が少しコモりがちなのもあり
ようやく都内も気温が上がってきたので(函館は寒いけど)里帰りをさせました。

ネック上下全域にわたる、フレットのバリ取り
15フレ以上のカッタウエイ側のフレット加工と指板角部の再調整
ホール側19、20フレ端末処理の再加工
1弦開放と1〜3弦の音、再チェック
PUの再調整

がメインです。

以前に書いていますけど
私は「ババ引き大魔王」です。

初期不良に当たるのは数知れず・・・
実は、今回のPU(MiSiAcousticTrio)の問題も、それを疑っていました・・・

で・・・尾伊端さんから連絡を貰うと・・・
PUの基盤はともかく、バグスのケーブルに断線の疑いが??((;゚Д゚))ガクガクブルブル 

やはり「ババ引き大魔王」は健在だった様子です。
これは、交換で対応頂きました。

Oihata 147Ver1-002
フレットの調整も指板の再加工も、完璧です。

Oihata 147Ver1-003
19、20フレのホール側のフレット端の加工も、きっちり対応頂きました。

1弦の音の問題も解消されました。
PUも同様ですが、これはきっちりギターアンプを買わないと実証できない我が環境です(´ヘ`;)

これで、Ver1となった、新型機。

4月には実戦投入として、レッスンに持ち込む予定ですし
4月末には、内輪の発表会もあるので、実家に戻している場合ではありません(爆)。

これじゃ『結婚しても覚悟がなくてしょっちゅう里帰りしている、出来の悪い嫁』状態ですから
そんな甘えさせている時間はもうありません(キッパリ)。

なにしろですね、まだキヨシ・チェックの洗礼を受けていません(ドキドキ)。
まあ、見せても「ふうーん」って興味がないかもしれませんけどね(自爆)。

このOihataは、KONISHIKI号機のちょっと後の番号になっているハズ。
正月の◎HK番組で、KONISHIKI(Oihata演奏)の隣りで、ウチの師匠は弾いていたはずだけど
キヨシ先生、Oihataって言っても、未だにわからないだろうなあ(´ヘ`;)


とにかく、尾伊端さんは丁寧な対応を頂き、感謝。
さりげなく?レッスンに投入してみます〜♪