遅ればせながらヌーボ192019年11月30日 18時33分


バタバタしていたので、ようやく酒屋さんへ、予約していたモノ確保へ。

2019年も、お店オリジナル(フランスでアレンジと瓶詰め)のものと
仲田さんのボジョレーを。
ついでに、ユドロバイエのオーコートも確保。
(シャンポールミジュニーは過去飲んだけど、これは初めてだわ)

他のブルピノが開いちゃってるんだけど
酒屋さんのオリジナル・ヌーボを開栓。


ドメーヌ・シャテルス(酒屋さんのオリジナル)ですが・・・

18年は、香り高くタンニンなくスムース。
甘味ある雰囲気、チャーミングというより清楚(薄ウマ系だったと記憶)

17年は、濃く香りあり、陰(タンニン)あり。華やかさ少ない感じ。


今年は、天候が厳しかったとの事。逆に、ダメな葡萄が間引きされるというメリットもあり
だいたいワタクシ、天候の悪い年のワイン(オフビンテージ)が好きなのですが・・・
で、19年。
香り、果実実、凝縮感が揃っていて、タンニンもないので、とても美味。
この数年間で1番の「超バランスワイン」だったと思います。

スイスイ飲めちゃうし、これヤバイわ。
100年以上続く酒屋さんで、フランスまで買い付けにいく店長ですが
年々アレンジが上手になっていますね。

仲田さんのボジョレーも楽しみです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの管理者は誰?(半角大文字で)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://motospowerweb.asablo.jp/blog/2019/11/30/9183783/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。