Oihata メンテナンスの旅2017年12月16日 12時00分


オイハタ3女である、現在の愛機(ウクレレの事ね)。
早いもので、製作して頂いてから、もう5年です。

練習不足なので、当の本人はヘタなままですが
ウクレレそのものは良い音が鳴っているものの
だいぶ傷も入ってきています。

9月のカフェライブで、シンダー床に落下させた事もあり
メンテも兼ねて、実家に帰らせる事に。

ルシアの尾伊端さんに事前に写真を送り、相談。

P1070357
まず、塗装の割れ。
落下時に出来たか不明ですが、ボディ周辺のチェックをお願いしました。


P1070359

P1070360

スクラッチ傷がそれなりに入っていますが、
写真を送ったら、綺麗な方だとのコメントあり。

P1070363

指板、オレンジオイルだけだと綺麗にならないので、これも。


あと、PU(MiSi=マイサイ)のケーブルが
やはり、1弦と2弦の開放弦などに、共振します。

これも徹底的にやって頂く事を依頼。

プチプチで厳重に梱包して、北海道は函館にGO!

P1070376

到着後、やはり塗装のやり直しは不要。
もっとダメになってからやるべきとのコメント。
私もそう考えていましたので
1)ボディチェック
2)指板のバリ取り
3)PUケーブルの完全な制振

をお願いしました。

ケーブルはアンカーなど考えるという事でしたが
表板などは避ける方向での検討。

2日で作業が完了。
木曜発送で、土曜日到着。
結果、発送〜メンテ〜到着まで1週間で完了しました。


帰ってきました。

1712_OihataOH-008

ビニールは塗装に悪いとの事で
ケース内は、ウエスで保護して
全体はクッション材で梱包と完璧な配慮。

ケースを開けると、綺麗になった愛機が入っています。

1712_OihataOH-003

バフをかけてくれた様子で
スクラッチの傷が完全に無くなっていました!!

綺麗なコアの虎目が鮮やかになっています。

1712_OihataOH-004
PUのケーブルは、サイドにフックを設けて迂回。
ケーブルのビビリ=金属音はほぼ解消。
もともとこの機体の音質もあるかもしれません。


指板もフレットのバリがなくなり、ピカピカに。
1712_OihataOH-005


1712_OihataOH-006


1712_OihataOH-007


1712_OihataOH-002

これからも、大事に使っていきます。

1712_OihataOH-001

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの管理者は誰?(半角大文字で)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://motospowerweb.asablo.jp/blog/2017/12/16/8754375/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。