YouTubeと著作権とiMovie2010年10月21日 20時00分


先日UPしたYouTubeの動画。
見に来てくれた方には、意外に好評で(笑)
こういうのがもっと作れたら、イイなと思っていたところに

YouTubeの事務局から、メッセージがメールで来ました。

ん?なんだこりゃ?

 Yt-001

そもそも英文で書かれた様子ですが、グーグル系なんで翻訳されているみたい。
なんだか日本語が変です。

いつもなら放っておくんですが、ちゃんと読むと
「おまえ、著作権を侵害しとる恐れがあるやないかい?」と脅しの文章に見えます(´ヘ`;)

だいたいBelieveってだれやねんて感じですし
そもそも、私の編集した動画自体は、オリジナル。

楽曲はMacのソフトのiMovie09に付属のものです。
つまり、iTunesで買ったものでも、CDから落としたものでもありません。

キヨシアレンジの譜面でレレを弾いても
こんなの来た事ありません。

で、どうすりゃええのよ?

ずっと前に、キヨシ師匠が

「YouTubeは、みんなが演奏したりしている楽曲の著作権料を払ってる」

てな事を言ってましたが、あれは本当なのか???

それよりなにより、UPした動画の楽曲を、どう認識してそれが
どの曲と似ているとか、一致するのか、そんな事をサーバー側でやってる事もまあ、驚き。
動画に入れた音楽のコードか認識キーが存在するんでしょうか?

とにかく、こういう時は、検索くん。
「iMovie 楽曲 著作権」そんな感じでググってみます。
あんまりヒットしません。

検索ヒットページの下に、英文がでてきて、それで検索ってあるので
それもクリック・・・・

すると・・・
こんなのがヒット

Yt-002

Appleのディスカッションボードらしきページですが
しかもこれ、本家のアップルサイト(ジャパンじゃありません)で
かつ、ヒットした上に、グーグルは、日本語翻訳までしてくれる手の込みよう。
翻訳は変ですが、意味はわかります。


ずっと前に適当に読み飛ばしたハズの
iMovieのソフトを使うための許諾書。
ここの2−Cに大事な事が書いてあります。

iLife pdf 1から

楽曲とかを単独ではダメだけど、iMovieで編集した動画(付属の音楽をつかっても)を
個人の利用においては(営利目的でなければ)使ってええよ、てこと。

つまり、YouTubeは良いって事です。

Appleのディスカッションボードを参考に、
最初のメールのリンク先から
勇気と不安を胸に、メールにリンクされてるサイトに飛びます。

igi1

入力した英文は蛇足。おまけに、LinkをLikeって間違えちゃったよ(´ヘ`;)。

iMovieの許諾書のリンクも貼っておきます。
これでポチっとな。

igi2
「申し立てを提出」て、ちょっと大げさじゃって気がしますが
こちらは侵害してないので、堂々と再ポチっとな。


igi3

ああ〜送信されました。

あれから1週間経ちますが、動画の管理画面からは「警告コメント」が消え
事務局からも何も言ってきません。
便りがないのはよい知らせなのか??? 結構適当だなあ。

まあ、とにかく、何かの参考になれば。


コメント

_ のり~ん ― 2010年10月25日 17時10分

動画をつくってYou tubeにのせられるだけでもすごいのに
そこまで調べて返事ができるMOTOさんがすごい(゚Д゚;)
MOTOさんの疑問どおり、そんなこまかくチェックしてるとは
思えない。
きっとたまたま何かにひっかかっちゃったんですね(´-ω-`;)
おつかれさまでした~~~

_ MOTO ― 2010年10月25日 19時43分

ん?そんな大した事じゃないですよ>YouTube
ソフトのiMovieには、YouTubeへ送信ってメニューがあるから(;^_^A
アカウントさえ取れば、誰にもできますから〜。

まあ、今回のはちょっと焦りました。
市販の楽曲つかって平気でUPしてる方もいる位なんで
なんで引っかかっていたのか不明です(´ヘ`;)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの管理者は誰?(半角大文字で)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://motospowerweb.asablo.jp/blog/2010/10/18/5434012/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。