一番わかりやすかった本2007年05月25日 23時00分

戦争論2
「新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論 2 」 出版:幻冬舎 
 著:小林よしのり

戦争論1に続いて、2を完読した。
歴史にまじめに興味を持って、2年近く。
それなりに自分でチョイスしてきて読んできたつもり。
カテゴリの「Books」を見てもらえば、それがわかるとおもう。
(とは言え、本=情報の取捨選択は自分であって、ある視点から
みりゃ、相対的に、偏ってるよあんた、という人も
いるんだろうが(´ヘ`;))

マンガ+文章という手段で、日中〜日露〜大東亜戦争の流れを
本書の中で軸にしつつ、中華思想、帝国主義、他国の国益
そして、いわゆる「南京虐殺」と言われる、実は、非常に巧妙
な「プロパガンダ反日作戦」を解説。
実にわかりやすいし、今まで読んできた本とも間違いなく内容も
一致している。(というか、この方、この本を書き上げるのに
どれだけの調査をしているのか。その参考文献の多さからも
伺い知れる。)
ていうか、これまで読んだ本読むよりコレ読んだ方がはえーじゃん
って思わなくも無いが、他を読んでるから、これが○かXかって
わかるのかもしれない。

マスコミやネットでも、人は彼を「右」という。
ちょっと立ち読みして、さらっと見れば、そうとれるかもしれない。
きちんと「読解力」があり「変なイデオロギー」に固執しなけりゃ
理解できるし、決して「右」だなんて思えないんだけどな。
よしりんだって、昔は、こうじゃなかったと本人も語ってる。
・・・あれかな、あの画調は、マイナスに働くのかな?

「TVが言ってたから」「本に書いてあったから」
「新聞で書いていたし」「ネットでそう書き込まれてた」
そう思ったら、すでに思考停止。
同じニュースだって、違う局だと、違うこと言ってるしね。

「日本人は悪いことしたんでしょ。朝鮮で」
なにかのはずみで、歴史の話しになって、そんなことを言われると
「おまえの情報源は何だ?」と心に思いながら、悲しくなる。
通勤電車の吊り広告に踊る「○○の『A級戦犯」はこいつだ」
こんな言葉を見ると「意味わかって使ってるのか?」と心が沈む。

ま、日常茶飯事に追われ、仕事に追われ、そんな歴史なんてどうでも
いいのかもしれない。
自分だって、つい数年前は、そうだったじゃないか。

この本は、わかりやすい。
戦争を体験した方でも、当時は、生活が苦しくて「戦争=苦しい」と
思っていて「終わった=よかった」と思ったし、「なぜどうして
あんなことが起こったか」すらわからない方が多いと思う。
戦前に生まれた、自分やカミさんの両親だって、話しをきいたけど
やはり、理解していなかったな。

若い人だけじゃない、戦後教育の洗礼を受けた団塊世代もそうだけど
あの時を過ごした、60代、70代の方にも読んでもらいたい。

季節がめぐり、また暑くなってきた。
騒がしくなるまえに、九段にちょっといってみたい。

次は「3」をよみます。

コメント

_ ryujin ― 2007年05月26日 23時08分

早速参りました^^
そうですか~小林氏の「 戦争論 」が1・2・3まで出ているとは・・・・
最近、本屋の立ち読みも全然していなくて・・・
早速、本屋を覗いて来ます^^

私は、今年の春2回「靖国」に詣でました。
遊就館では1階・2階と足が棒に成る程、ゆっくりと~特に、
日中〜日露〜大東亜戦争の流れを兵器と共に
見て来ました・・・が・・・再度この本で、確認したいと
思います。
ご連絡有難う御座いました。

_ MOTO ― 2007年05月27日 09時02分

本屋にあればラッキーですね。
私は、アマゾンで買おうと思っていましたが
近くのブックオフにたまたま3冊あったので、まとめ買い。
今3を読んでおります。

_ のり~ん ― 2007年05月29日 00時23分

MOTOさん、GETしましたよ「2」!
もうあまりにぶっとくてビックラこきましたΣ(゚ロ゚ノ)ノ
あの太さだから値段も太く・・・
でもコレ一冊あれば
いろんな本をひっくり返さずにすむに違いない!と思い
頑張って買ったわっ!!(主婦は小心)
これからじっくり読ませていただきます~~~

_ MOTO ― 2007年05月29日 19時55分

や、ホント、実際、いままで読んだ本の
重量事項は網羅されちゃってたんで、
これよみゃはやいジャンと思った次第です。
また、感想教えてください。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの管理者は誰?(半角大文字で)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://motospowerweb.asablo.jp/blog/2007/05/25/1534826/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。