哀愁のBilly2024年04月08日 20時00分



ちょっと再熱しちゃったレコード。

丁度そのタイミングで、ですね
BILLY JOEL 50周年記念て事で
アナログ盤が数枚復刻という話が。

4月5日発売の2021年リマスター音源との事。
(まあデジタル化されてアナログ盤じゃあまり意味ないのだがw)

2018年にSONYが日本プレス復帰てことで
その時手に入れた「ニューヨーク52番街」は
とても良くてですね、何故続かないの?と思ってました。

当時の記事がこれ。

『ビリー・ジョエル 『ニューヨーク52番街』 自社一貫生産アナログレコードの制作秘話とプレス工程の動画を公開!


アナログレコードの生産工程を、すべてグループ内で一貫で
行う事が29年振りに、なんて内容ですが、で、どうした??

それから全然、BILLY JOELが出てなかったと思うんですよ。

BILLY JOELは、自分がたぶん「洋楽」と出会った
最初のアーチスト。それ故、思い入れもあって
昔のレコードを捨てちゃったの、後悔してます。

で、今回のリリースは、日本製じゃない?(何故?)
EUというか、独製らしいのですが、まぁ大丈夫と思い
ディス◎◎ニオンさんでポチりました。

密林でもいいんですが
やはりレコードはレコ屋から、って思うじゃないですか。
梱包の箱もちゃんと30cm×30cm以上で送ってくれますし。

さて、4/5金曜発売から到着したのは4/7日の夜。
写真整理とかあったので、開封は4/8月の夜になってからでした。

シュリンクを開封して、ディスクを取り出すと・・・

「The Stranger(ストレンジャー)」
RAWP4080006

あれ、インナースリーブしかないぞ。
ビニールもなけりゃ上質紙でもない。
めっちゃドイツ的硬い紙にそのままレコが入ってます。

嫌な予感しかしない。

な、なんなんだ〜これは〜〜ああああっ!
RAWP4080001

粉なのか傷なのか、シャーシャーです。
盤面は工場の油なのか油脂っぽいやつがベタベタ。

以前、4KスターウォーズのUHDディスクを購入した時
盤面がなんとなく油っぽいのは見た事あるけど
レコードのコレは未体験ゾーン。

もう一枚の「SONGS IN THE ATTIC」
(ソングス・イン・ジ・アテック)も・・・

RAWP4080007
ヤヴェー、同じ仕様だ。

RAWP4080008
((;゚Д゚))ガクガクブルブル

怖くて触れません。
写真撮影して、即座にメール。

一日おいて、返却処分決定。

これなら中古でいいじゃないですか。

メールに合わせて電話もしてみたんですが
(言う訳ないけど)同じ様な話は無し??

ここでもババ引き大魔王が炸裂したのでした。
続く・・・


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの管理者は誰?(半角大文字でいれてね)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://motospowerweb.asablo.jp/blog/2024/04/08/9675862/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。