シアター Ver2.52018年07月23日 15時32分


「映画館で映画を見ない」と決めて、構築していた
我が家のなんちゃってシアターですが、前回の更新から早5年。

シアターVerUP ― 2013年08月04日 16時00分

JVCのD-ILAプロジェクターは、FULL HDの2K止まり。
当時、4K対応(JVCお得意のe-shiftでの4K表示)もありましたが
予算に合わず、4Kソフトもないことから、見送り。

そして、TVは、06年製(日本製!)のパナのプラズマ50インチで、
なんと、HD止まり(2Kですらなし。08年のオリンピックから2K化が進んだのよね)。

この数年、異動も立て続けでしたし
去年10月から通勤時間も延びちゃったので
正直、平日はもとより、土日でさえ映画を見る時間もあまりとれないという状況。

なので、あまりオーディオとかAV系(オーディオビジュアル系ね!)を
ググる事もなく、なにがトレンドか分かってないのが、ちょっと前のワタクシ。

プラズマの右上部に、朝のTV番組の時間表示が焼き付いて数年・・・
購入から既に12年も保ち、そろそろヤバイかな?とか、
映画は映画で、PJで100インチ投影するからと割り切ってても
PJ=2K止まりだし、スクリーンは、18年経つから、だいぶ平面もヘロヘロしてる・・・

と、なんとなくアチコチ気になりだして、この数ヶ月のストレスフルな状況から
シアターのバージョンUPを検討する事に。

プラズマ購入時は、1インチ=1万円の時代でしたが
流石に、そこまで投資する気持ちが沸かず
かといって、液晶はイマイチ好きになれず。

TVもツマラン番組しかないので、ほぼ見ていないから
本当のところ、TVの買い換えはどうなのかと悩む始末・・・。

だったら、PJを4K?という選択肢になると
天吊りもしたいし、スクリーンも交換したいと、大がかりな内装工事になりそう。

これ、モンモンと考えていました。

で、最終的には、TVの12年というお年を考えての更新を優先する事に。
プロジェクターとスクリーンは、数年後の業務が落ち着いてからという判断。

液晶に全く興味がないので、プラズマ亡き後は、有機ELしか選択肢なし。
しかし、どのメーカーを買っても、亡国製のLGのパネルしかなし(国内メーカーがんばれ)。
画像エンジンで、ソニー、パナ、東芝という選択肢のみ(LG製は除外)。

プラズマライクを考えれば、パナなんですが
1インチ1万をこの過渡期に出したくないとも。

ということで、型落ち=新製品前という事で、約半額で、こいつを導入。
REGZA X910(55インチ)

パナの50インチの大きさよりひとまわり小さい感じで、ラック上に収まりました。
ていうか、TVが小さくなった印象すらあり。

しかしながら、コッテリした有機ELの描画は、調整が必要かしら。
これまでHD画質で見慣れたお目めには「濃い、濃すぎる〜」というコントラスト。

でも、黒の締まりは、最強です。

アマゾンプライム「RAKUEN」という写真家の三好さんの番組があるのですが
REGZAで見たら、驚異的な美しさ(モルディブとかの海)でした♪
この映像がクリアに見れる点では、買いだったと思います。

ディプレイ:Panasonic 50PX600 → TOSHIBA X910_55

で、じゃあ肝心な映像ソースは?
X920(年末の4KBSチューナー内蔵)を不必要と判断したのは、ほとんどTVを見ないから。
4K化しても、番組の内容に期待をしてないからでもあります。

となると、UHDの導入しかなし。
ただ、映画はプロジェクターで見たい派(だからPJの選択と悩む訳)。

UHDプレイヤの導入は、まだ時期尚早なのか?どうなのか?ですが
ソフトも出てきましたし、BD+DVDの抱き合わせ販売よりは
UHD+BDの抱き合わせ販売の方が、まだ良いのかとも。

で、実は前回(5年前)導入した、OPPOのプレイヤ105はリージョンフリー。
アメリカ版DVD「ファミリータイズ(マイケルJ主演)」も、日本語吹き替えはありませんが
そのまま再生できるんです。

仮に105がダメになったら・・・と調べると
なんと、OPPO社は、後継である203/205シリーズをディスコン。
この分野から撤退してしまう様子です(´ヘ`;)

数ヶ月前なら、OPPOが購入できたのに、なんというタイミングの悪さ。
(ただ、日本国内正規品は、リージョンフリーでなし)

いろいろググると、あるメーカーを発見。
ネット上の噂だと、OPPO203と中身が同じという話が。

かなりキヨミズダイブでしたが、ケンブリッジオーディオというメーカのUHDプレイヤーです。
ヨドバシか、ビックか、AVACでしか扱いがないので、ヨドバシで。

こいつのリモコンでOPPOが動いてしまうので、OPPO203のコピー品と信じたい。
英語バージョンの言語設定を日本語に代えれば普通に使えます。

現状、4Kソフトは、SWのEP8しかないけどね(爆)。
DVDのリージョンフリーだったので、ホッとしました。

REGZAでSWEP8を見た雰囲気では
4K+HDRの映像とBDの2Kの差は、ほぼ無いかしら。
ただし、HDRの方が、ダイナミックレンジが広いというか、明暗の奥行きがある様な。

これをプロジェクターで見ると、ダウンコンバート且つHDR効果がない?からか
BDの方が、綺麗に見える気がします。

なので、UHDのプレイヤーは、あくまで、OPPO105のバックアップとして、導入。

で・・ここまでにしようというプランだったのですが・・・

UHDプレイヤーから、AVアンプ経由でTVかプロジェクターに出力予定でした。
UHDプレイヤーには、HDMI2.0の出力が1つしかなく・・・
じゃあ「分配器を」とアマゾンで選択したモノは、4K+2Kになってしまうという始末。

5年前に導入したアンプは、4Kの24/30Hzには対応のものの
HDMIは1.4止まり。
DTS:Xは対応していましたが、Atomsは非対応。

とにかく、悩まないで、4K出力をREGZAに出力したい・・・。
分配器はダメそう(特に安いやつは)。

こんなに悩むなら、とアンプも更新する事に(散在だわ)。


アンプ:DENON X4000 → X4400H

アンプそのもののグレードが上がっている気がします。
音楽再生時にも、質感が上がりました(フラシーボ効果?)

ソース切替時に、前のX4000は「カチン」とリレーみたいな音がしましたが
今回は、一切そんな音はしません。これだけでも、なんか良い。

で、ここまで来たら


ドルビーイネーブルドスピーカーを2本導入。

これでAtomsも再生可能。

すんごい効果がある感じはしませんが、サラウンドの包まれ感は増した気がします。

ということで、4KHDRが良く分からないまま、走ってしまいました。

最近、お疲れモードで外出してないので、ますます自宅に籠もりそうだわ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの管理者は誰?(半角大文字で)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://motospowerweb.asablo.jp/blog/2018/07/23/8924076/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。