ドライな関係2019年11月17日 21時24分

3ヶ月振りのレレのレッスンに参りました。

12月分から復帰なのですが、相変わらずの変則日程で
本日17日と来月の8日が12月分っていう・・・。

来年1月の予定が出ていないので、事務局に問合せ。
たまたまレッスン中に受付に降りてきたセンセと遭遇。
「お、久しぶりだね」とは言ってくれますが、当然「◎◎君、」という枕言葉は無し。
10年以上経ても、One OF Students。

残念ながら、先生の告げた1月の予定・・・ボサギターと1日重なってます。
自分的には、重なったら「レレを休む」と決めてました。

先日の台風の影響で、10月の当日が、12月末にシフト。
ダメ元で事務局に、1月のその1日分をシフトできないか?と聞きます。

事務局はOKなんですが、どうやら過去にも生徒と揉めたらしく
先生的にはNGとなりました。

レッスンである以上、その仕切は講師にあるのは分かるのですが
事務局がOKを出しているということは、費用的に問題なしとの判断。
そもそも、義務教育の学校じゃありませんし、講師>生徒ではなく
需要(教える側)と供給(教わりたい側)の関係と考えると
WIN=WINの関係であるべきではないか、とも思えます。

たまたま1日分が10月から12月にシフトしているタイミング。
いつもなら、その1日来れないなら、そのまま休む他なしですから
そんな条件が揃う事は滅多にないこと。
毎度毎度そんな事を頼む訳でもありませんし、ごねるつもりもなし。

「承知しました」と引き下がりましたが、違和感は払拭できません。
そもそも、8月から続く、この変則シフトは、誰の都合?
12月分を11月にシフトして良いと、生徒=お客側の意向は汲まれていません。

他のエリアの教室では、第◎週の▲曜日、とか決まっている所もあります。
でもここは、ミュージシャンである先生のスケジュール調整用の教室でしょうか?

批判を書けばキリがなく、そろそろ自分も学習して
本来の目的=楽器の演奏を習う場所、と真剣に割切る時が来た様です。

3ヶ月の不在中に、新人1名が増えています。
よって新人さんは2名。メインはストロークが中心。
古参の仲間は、2名復帰、ワタクシをいれて3名(1名は休会中)
あと3名はいつもの方々・・・。
(これ以上音ズレさせたら、そろそろ文句を行ってもいい頃かもしれないな。
 まずは、その前に自分がリズム力を確保か?)

Dm7とCmaj7を繰り返しながら、中級者はCの音階(メロ)を鳴らせとの指示。
なぜか誰もやらないんで、自分は勝手にメロディを入れてました(これもコメントなし)

次は1年以上前にやったジャカソロの曲を全員で(新人さんはストローク)。
最後に「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」(今日からなのかな?)という流れ。

ボサギターはしばらくコードチェンジとボサリズムの繰り返し。
それに対し、ウクレレは譜面と譜割に従った、リズムキープとメロディの練習
どちらもやる意味はあると思ってます。

幸い、まだ古参のメンバーがいますし
ここをいずれ去るとしても、もう少し学ぶ事はあると思います。
そう、己の目的を見失わず、ドライに。

ようやく、ジャズ本の教則本も出ましたので、入手。
前回の本は再掲載が多かったけど、今回はオリジナルも入っていて及第点。

次回は12月。



<おまけ>
話題が違いますが
E-M1 Mark2の点検、オリンパスに発送しました。
3年目のリフレッシュ点検です。果たして。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの管理者は誰?(半角大文字で)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://motospowerweb.asablo.jp/blog/2019/11/17/9178239/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。