DELUC ソムリエナイフ2017年06月03日 22時37分

IMG_4444
先日、コルクの抜栓中に、手元がぐにゃり。
何が起こった?と思ったら、折れてました。

ステンの芯が樹脂の柄を貫通してないから
まあ、経年変化と荷重で割れるわなという構造。

でも、イタリア製?で4000円位したんだけど。
フォイルカッターが付いていたし、ワイン初心者には便利でした。

「そろそろちゃんとしたソムリエナイフを導入したい」
と思ってた矢先でしたし、GWの蓼科ホテルでもスタッフから
お奨め情報は聞き出してたんですが・・・

ソムリエナイフと言えば「シャトーラギオール」だそう。
調べて見ると、2万円近くするし、敷居が高すぎる〜。

ソムリエールじゃないし、自宅で開けるワインなんて
1度に1本だし、宝の持ち腐れになるのは必至。

できれば予算的には1万円以下、いや5000円位で
耐久性もあって、使い易いものを・・・
フランスか独か?ダメなら安心の日本製を。

以前リーデルのグラスを購入したサイトをチェック。

そのラギオールと同じメーカーの製品を見つけました。


お店の説明はこれ
**************************

■DELUC ドゥルック (デュルック)
フランスでもっとも愛されているソムリエナイフ 「DELUC」。
その理由は、●シンプル ●軽い  ●スムースに抜ける の3点につきます。

フランス人ソムリエたちから絶大な信頼を寄せられるドゥルック(Deluc)
ソムリエナイフはシャトーラギオールと同じ製造メーカー「SCIP」社製です。
シンプルなデザインだがフック、ハンドル、スクリュー、ナイフ各パーツは
厳選された材料を使用。各パーツが計算され尽くした
絶妙なポジションに取り付けられ、まさに”コルクを抜く”という
行為において世界最高レベルのフォーマンスを誇ります。

**************************

うむ、これやね。
シンプルな形状で、好みだし・・と注文。

数日で、届いたのですが・・・

P1070143

むむ? これサビが浮いてね?

ハイパークリーンで清掃しても、綺麗にならね。

P1070142

これ、割れじゃね? しかも欠けもあるし。

なんと「ババ引き大魔王」最降臨。
なんで、こうスムースに買いものできないのかしら。

お店に、写真をメールで送ってクレーム。
出荷検査が甘かったとの謝罪で
速攻「在庫で一番良いもの」を送る、というので対応頂きます。

出荷検査が甘い、ってえのも問題ですが
これ、最初から分かっててやってない?という邪推もありますが
ひと手間掛けて、良品が届くから、まあ良しとします。
(このひと手間が面倒ですが)


到着した商品は、まずまずな品質。
まあ、お仏蘭西製ですから、しかたないかしら。

P1070147

P1070148

P1070150
「THE BEST QUALITY」の文字が泣けるぜ。

P1070151

P1070152
シンプルな形で、飽きが来ないデザイン。

P1070153

P1070154

フォイルカッターから、ナイフに替わるので
使い方勉強しなくっちゃだわ。

「キヨシさんとぬのさん」2017年06月04日 15時00分



ウチの師匠、CD出さないなぁと思ってたら
5月に1枚リリースされてました。

ローココっていう、ウクレレのフリーマガジンの
後ろのページの、ホント1cm角くらいの広告だけで発見。

なんだこれ?とググった後、密林で速攻クリック。
まあ、便利な世の中ですので、土曜の朝には到着です。

ジャケットは、キヨシセンセらしいデザイン。
太陽のモチーフって好きなんだろうな。

収録の模様は、DUOのギターを演られた


千葉のスタジオで向き合っての演奏。
なので、その場の雰囲気というか
インプロヴィゼーションもお互いに掛け合いをしているかの様。

「ミズタマリ」も違うアレンジで、演奏されています。
あれ?終わるかなっていう所で、また繰り返している所もあるので
終わりを決めないで、演ってる様子が良く出ています(笑)

個人的には、ジャジーで格好よい「三宅坂ジャンクション」がベスト。
これはセンセの新曲ですが、いつも混雑するあの首都高の雰囲気は無く
夜のドライブのお伴になりそうな素敵な曲でした。


本日はウクレレ・レッスン。
CDを買った事と「三宅坂〜」が良かった事を伝えると
目の前で、半分くらい演奏してくれました♪(らっきー)。

「とても混雑している三宅坂とは思えないですね」と言うと
「うん、この辺りでね(フレーズが変わるところ)すこし動きだしてね
 この辺で(フレーズが戻って)また渋滞しているのを表現してるんだよ(ホンマかいな)」

後で、サインを貰ってきました。

7月にライブがある様子ですが、平日開催なので、ムリかしら。
Wonderful Life Vol.1」同様、最初で最後のライブ・・・と予感。

うーん、生で聴きたいなあ。

稲村ヶ崎パーク&レールライド<その1>2017年06月15日 23時25分


本日、お休みをとって、鎌倉まで。

季節がら紫陽花も少し撮りたいし
雑誌でチェックしていたお店も行きたい。

鎌倉市のサイトでみつけたのですが
「パーク&ライド」なる、駐車場と江ノ電がセットになったモノあり。
170615-168

今回は、車+電車での行動となります。

目指すのは「稲村ヶ崎」。
稲村ジェーンへ、ゴーゴー!(意味不明)

134号線沿いにある、公共駐車場。
170615-004
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

江ノ島を過ぎて、稲村ヶ崎(岬)の手前にあるのです。

170615-005
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO


カフェになりそうな住宅を横目に
170615-007
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

170615-008
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

170615-010
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

170615-011

ピーカンの中、駐車券を持って「稲村ヶ崎」の駅へ。
パーク&ライドのその旨を告げ、1800円を払うと
江ノ電の1日パス(580円)×2枚が貰えます。

つまり、6時間の駐車料金は、640円!という事になります。
げ、激安っ。

さて、長谷方向へ向かいます。

170615-014
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

170615-017
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

170615-018
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

もうね、電車は、(老いも若きも)女性ばっかりですよ。

男性は、団塊世代がほとんど。・・・ま、平日ですからね。

170615-019
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

2つ先の「長谷駅」で、降りまして
170615-020
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

目指すところは・・・

参道を江ノ電で分断されている、某神社。
170615-022
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO(ファンタジックフォーカス)

『ブラタモリ』で紹介されてた時は、この季節じゃなく
「紫陽花」が咲いているつもりで、デジカメ撮影をシミュレートしてましたが
雑誌その他で、有名になっているのでしょう
もう、凄い人・人・人・・・(でも平日なので、それでも少ない方だと想像)

170615-023
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

線路沿いに紫陽花が植えられているのと
民家ー紫陽花ー江ノ電(線路)ー紫陽花ー境内の細い道ー境内の形なので
この境内の細い道=電車撮影スポット・・・と化しています。

170615-034
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

右の植栽の向こうに「とにかく撮りたい」人たちが集う訳です。

170615-024
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

だいたい、江ノ電は時刻表を見ても12分刻みくらいで運行。
単線をポイントで切り替えて運行していますから
だいたい、15分は待機するイメージ。

ここまで、折角来ましたので
参拝前に、生垣向こうの一角を陣取り
江ノ電の到来を狙います。

紫陽花、電車の位置、電車とシャッター速度(SS)、絞り・・・
ニワカ「撮り鉄」には、条件が厳しい場所です。

170615-025
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO(ファンタジックフォーカス)

被写体ぶれもあるし、絞るかどうするか、悩みます。
さらに、次の電車待ちもあるし、場所を変えるのかも含めて
簡単に撮れる場所じゃないことが、良くわかりました。

7-14mmPROだと広角すぎて、たぶんカメラマンまで納めてしまうし
40-150mmPROなら長すぎる。
12-100mmPROで、ある程度フレーミングできる方がよい。

170615-027
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

でも、撮影ポイントの一角だけ、線路側に広い場所があり
そこで撮影しているカメラマンが見切れず入ります。
・・・ていうか、そこだけなんで線路側に寄ってる?

この線路脇の紫陽花
170615-028
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

これと、江ノ電をコラボしたい(爆)
参道(踏切)の際(キワ)から、この紫陽花ナメで狙ったのですが・・・

ワタクシの右手前にポジションしていた(いい年した)カメラ女子、
遠慮無しに、左肘をフレームインしてくるんです(流し撮りするな!)
(撮影中に、流石にチョンチョンしてあげても、無視ですよ。)

この肘攻撃から左に逃げながら撮影したので
江ノ電のフォーカスも紫陽花も中途半端に↓
170615-031
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO


結論から言いますと
アマチュアカメラマンのマナーが悪い。
特に女性は、人のフレームインにお構いなし。
兎に角、自分さえ撮れれば良いという方多しです。

その他にはですね・・・(良い話がないな(´ヘ`;))

変なおじさまが1人いまして
「くそ、朝から来なきゃダメだ」とブツブツ。
大きな独り言のおじさんです。

「あーーもう、こんなんじゃ撮れないっ」と文句タラタラ。

先ほどの少し線路に入りこむエリア。
結局、私もココを使ってみたんですが(爆)・・・

私が奥手方向(トンネル有り)にカメラを構えていると
左手にいる、そのおじさまが、グイとカメラをつきだして
私の左肩にその手が当たるんですよね。

「なんだコイツ?」と思ってカメラを見ると
なんと、小さなコンデジ。

いやはや、コンデジがダメは言いませんが
たんなる「構って欲しいちゃん」だった様子です。
いろんな人がおりますわね。

どうか、平日の朝早くに来てください、と心で思いました。


3本くらい、撮り鉄トライしたんですが
この場所は、すでにリスキーな撮影エリアです。

神社にも、線路はみ出しを管理する方にも、江ノ電にも迷惑な状況。
ここでの紫陽花撮影は、もう辞めておきます。


さて、肝心の神社へ参拝。

170615-032
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

カミさんもバタバタしていたのが伝わったのか
お寺用の御朱印帳に、この神社の御朱印を貰ってしまいました。


境内から、鳥居と江ノ電を。

170615-036
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

ということで、そろそろ、神社を後にします。

170615-033
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

170615-035
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO(リニュークレール)

どうか、撮影する方は
身の安全の確保と、人様にご迷惑が掛からぬやうに。

(つづく)

<おまけ>

カミさんが撮影したベストショット。

MotoandG
Panasonic DMC-LX100式

・・・ていうか、いつも「私とおじいさん」シリーズ。
(同じポーズで笑える)