SanDisk 2T導入2020年11月21日 20時00分


Macを使いはじめて数十年。
バックアップといえば、ハードディスク。

数Mバイトから始まり、今やテラバイトの時代。
今使っているTimeMachine用(Macのバックアップツール用)も
E-510以降の写真データを残してるのもHDDなんですが
数年経ったら壊れるリスクはある訳で
事ある毎に買い換えや併用してきました。

で、写真データの殆どがRAWデータになっちゃったので
そのファイルの大きさから、本来は不要なモノは消していくんでしょうけど
なんとなく、その殆どを残しちゃってるので、増えるばかり。

今使ってるMacBookPROもSSDになったんですが
納期を優先したので、BTOせず、1Tバイト。

この間まで使っていたiMac2011は、2TバイトのHDDでしたから
外付けにデータを移したりして、移行時に容量を節約した次第。

外付けHDDもそろそろやばそうだし、ということで
思い切って、外付けSSDを導入する事にしました。

だいたい1Tで1万円超。
少し高いんですが、2Tのモノを買いました。
メーカは信頼?のSanDiskのSDSSDE60-2T00-GH25。
簡易パッケージをチョイス。

いや、これちいさいよな。

いや、私、手がデカイですけど、それでも小さい。これで2T。

SSDをフォーマットするには少し手間が掛かるということで、ココを参考にしました。

APFS(Apple File System)=MacOS10.13以降に採用されたファイルシステムですが
これにフォーマットします。

以下は、備忘録です。

「ディスクユーティリティ」にて
マウントしたSSDを選択。

「消去」を実行。


この後に、APFS変換を。

SSDのアイコンの下に見える、下のExtream・・・を選択して、サブメニューを。


一番したの「APFSに変換」を。

「変換」をチョイス。




SSDの下のボリューム:APFSになりました。

ファイルを転送してみましたが・・・「激速」です。
いや、HDDから戻れないわ。