箱根本箱2018年12月24日 10時00分



11月頃、スバルのディーラーで配布している
カートピアという小冊子があるのですが
そこで紹介されていた宿に興味があり、予約。

この週末に掛けて、箱根・強羅に遠出して参りました。

あいにく、ずっと雨のお天気。

ただし、TVもなく籠もるタイプのお宿でしたので
静かな時間を過ごせたかな、と思っています。

まずは、強羅にある「ポーラ美術館」へ。
仕事の関係で、15年ほど前に「見学」に来た依頼ですが
今回は、プライベート。
モネやルノワールなどが常設されるなかなか良い美術館です。

181222-001

いつもの出遅れで、お昼なので、早めのランチを。

181222-005

181222-006

岡田三郎助<あやめの衣>など、有名な絵画も展示。
181222-015

印象派の方は、写真OKなんですよ、おくさんっ。

181222-017
181222-018
181222-020

15時チェックインなので、早々にお宿へ。

玄関を抜けると
181222-038

181222-039

181222-037
ロビーから向こうは2階まで吹き抜けの壁面書庫。

もともと、出版流通大手の「日本出版販売株式会社(日販)」の
保養所だった施設を、(株)自遊人が再生したホテル、との事。

”本に囲まれて「暮らす」ように滞在”するのがコンセプトです。

学生時代は、冒険小説やハードボイルドなど
文庫本を買って読んでたクチですが
最近はメッキリ、積ん読派。

ついつい買ってしまうのですが、読めない・・・というのが実情です。

書庫にある本は部屋に持ち込んで読める。
気に入った本は購入できるという事で
なんだか、アメリカの本屋的な感じでもあります。

さて、お部屋。

181222-031

ファミリータイプなので、すこし広め。
お子さんは「騒がない」のが条件で宿泊できるという規約あり。

ベッドにもたれて本を読める工夫あり。これ、いいわ。
181222-032

自分で(家に)持ってる本を持ってきたりもありw
IMG_5338

181222-042
暖炉がまた、暖かいんです。

書庫のあちこちに、隠れ部屋あり。
狭くて入りにくいですが、落ち着きます。

181222-045

館内のあちこちにも、そんなスペースあり。
181222-050

本も館内のあらゆる所に散在しています。

181222-064

181222-080

181222-084

夜は、書庫の奥にある、イタリアンレストランで。

181222-099

181222-098

181222-093

181222-104

食事が終わり、温泉にも入ったら、あとは読書時間です。

181222-111

181222-122

181222-127

181222-128

コンセプトとしてとてもユニークなホテル。
静かに過ごすのは、とても良い所です。

普段見ないような写真集とか、眺めたりして
181223-003

寝落ちしそうになりましたが、ちゃんとベッドに入り、朝までぐっすり。

朝食もレストラン。

181223-010

181223-014

181223-015

181223-022


LEXUSプロデュースの本に、栃木のルシアが載ってました。
181223-024

本も陳列するとフォトジェニックなのよね。
181223-026

181223-028

ということで、ホテルはここまで。

チェックアウトして、箱根神社へ。
しかしながら、雨+満車で、参拝を諦めました。

箱根ターンパイクで小田原方面へ。

ETC時代にめずらしい、料金所システム(おじさん)ですが
料金を支払うと「ちょっと待ってて」と、なにやら渡してくれます。

クリスマスだから、とこれ。
IMG_5343
きっと「箱根神社」の使いに違いないっ。

最後に、一夜城鎧塚ファームに立ち寄りました。

181223-034
雨は止まず。
しかし、徒歩でここまで登ってくる強者多し。

パンとタルトを買って帰りました。

181223-036


ということで、お疲れ様でした。

アルバムはこちら↓
箱根本箱