Do It !2018年09月01日 20時15分


トイレのウォシュレットが水漏れし始めて、数ヶ月。
10年を過ぎるとダメになる事が多いらしいですが
水漏れ付近のバルプも交換してみたけど、やっぱりダメ。

ということで、現在、リフォームというか、トイレ改修の手続きを進めています。

その前に・・・以前から調子の悪い、トイレの鍵。

回すとロックされるのですが、動きが渋い。
時々、うまく回らない事もあり。

業者に直してもらうと、1諭吉?くらい取られそうな雰囲気(見積もりしてませんけどね)。
なので、こりゃ、自分で直せるか?とググります。

手前のプレートに刻印されている記号から「KAWAJUN」というメーカが判明。
さらにLWという型番から、なんとか使えそうなパーツを発見。

さすがの通販時代、オンラインサイトもありました。
「ドアノブパーツ」はなんと、777円!(LWRケースロック)
(送料と代引き代の方が高かったよorz)

数日でヤマト便で到着。
本日、施行いたしました。

まずは、現状。
ドアノブ、ロックと各種カバーで構成されています。

取説は、サイトでもPDFで確認してました(寸法も、現行機種と同等なのを確認済み)
商品は、本体とネジ2本のみ。

+ドライバーでOKとありましたが
ウチのは、外側のレバーだけ、六角で止まってましたので、これをアマゾンで。

M3でした。

ドアノブを解体。
内側のドアノブも+ドライバーで少し緩めないと外れませんでした。

金色のカバーをテコの原理で外しますが、かなり固かった(外したらすっ飛んできました〜)。

内部の機構を挟む形で、レバーのスペーサーとロックのスペーサーがあるだけです。

外すとこんな感じ。

穴はバリだらけ。
見えないと思って、適当だな〜。
(少しバリを取りました)

ドアノブの穴にドライバーを突っ込んで、こじると、前に出てきます。
これでパーツを外して、交換!

ここまでで、解体終了。

新しいパーツを入れて、元に戻します。

やれば、できる子じゃないか。


金色のカバーを戻す順番を間違えたりしたので、小一時間くらいの作業。

ロックもスムーズになり、満足です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの管理者は誰?(半角大文字で)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://motospowerweb.asablo.jp/blog/2018/09/01/8954541/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。