nanonanoくん・・・2018年02月04日 18時20分


2011年の10月に、ヒルズでゲットした、こいつ。


電子部品(廃材?)を、小さなキャラクターにした「NANONANO」。

たしか2011年当時
1ヶ月遅れの誕生日にと、カミさんから買ってもらったのが。このM-333型。

iPhone4、iPhone5s、iPhoneSEと3世代のストラップとして6年も一緒にいる((;゚Д゚))相棒。
毎日通勤している愛嬌者なんですが、何度か消失の危機に陥っています。

ある日、ストラップのヒモがキレて、行方知れずに。
しかし、カバンの奥から見つかった事も。

数ヶ月前から、パーツにガタが来ていまして
右か左の腕(コンデンサー?ダイオードかな?)がもげる事も(ミニペンチで修理)。

基板に生えるはずの足の部分を輪っかにして
ボディに止めているのですが、それが緩んできています。
(その時も、カバンの中から腕が見つかって事なきを得ていました)

それが・・・昨日・・・
奇しくも、六本木ヒルズに行った際
携帯を取り出した時だと思いますが
どうやら右手と右足がもげた様子で・・・。

幸い、右足は、レヴォーグのセンターコンソール上に落ちてたのですが
右腕だけがどうしても見つからず・・・orz

                   う、右腕があああっ


実は、この子があまりにもガタが来ていたので
去年1月にヒルズに行った時に、「M-09」という後継を買っていたのです。

しかし、M-333は携帯ストラップの地位を譲らず
M-09君は、レレに行くカバンに付いてたりします。


昨日も、ヒルズ52階の土産物コーナーに、NANONANOがあるのですが
M-333は、これまでのラインナップ展示の中に1つだけデッドストックがあるのみ。
 (これは、売ってくれないんだよね、きっと)

もう製造中止の様子だし、M-333の腕、諦めるしかないと思っていたところ
NANONANOのオンライン・サイトに、M-334の文字が?!


おおっ、これは後継じゃないのか??
あわてて、ポチりました。
ついでに、製造元にコメントを。

本日、丁寧にお返事を頂けました。

『メッセージの件ですが、M-333とM-334は同型です。
 頭の口にあたる所の数字ですが、333と書いてある可変抵抗は製造中止で入手出来ないため
 現在は334と書いてある物で制作しています。
 また、ボディのチップも入手困難で、M-334自体いつまで制作できるか分かりません。』

やはり、この顔と体の部分のパーツがないので
製造中止になってしまったのだと理解。
なんとなくそんな気がしてたんだよぉ。

実はM-333の右腕が手にはいらないか?とも打診していたのですが
『無くされた腕は今回のM-334と一緒に送ります。(無料)』

やったー( ´ ▽ ` )ノ

後日、来たら、またレポートします。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの管理者は誰?(半角大文字で)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://motospowerweb.asablo.jp/blog/2018/02/04/8782450/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。