1ヶ月点検とAppleCarPlay2017年10月21日 14時00分


(イメージはAppleのサイトから。自分のiPhoneじゃ、撮れないから)

レヴォの1ヶ月点検で、SUBARUに入庫。
メンテパックを契約したので、オイル交換付き。

前のOUTBACKの時は、ナビ取付で有名だった「ナビ男くん」でカロ・ナビを施工。
レヴォーグはD型となり、8インチモニターのナビになっていましたし
「ナビ取付業者を探して、あれこれ動く」時間も取れない事から、純正ナビ(パナ)を選択。

『AppleCarPlayも使えますよね』と、営業担当者と話していたのに
肝心の、接続ケーブルが入っておらず、施工されてないという事実(´ヘ`;)
(カタログには、約款みたいな小さい字でしか書いてないので、見逃していたのです)

パナの純正ケーブルはアマゾンで購入。
1ヶ月点検時に、センターコンソールの下を通して
アームレストのボックス内に施工して頂く事になっていました。

また、時速40km付近で、軋み音がナビ周りから出ている事もあり
(うーんSTIはラグジュアリーな車のはずなのに、コストダウンしてるのね)
ナビを外しての作業のついでに、ケーブル周りや締め付けなどもお願い。

所要を済ませて、納車は午後になりましたが、無事点検が終わりました。
軋み音は、だいぶ大人しくなった?・・・しばらく様子見です。

これまでBluetoothで接続していたiPhoneSE。
AppleCarPlayは、なんと有線で接続するとは驚きでしたけど
USBケーブルで接続して、ようやくその恩恵を受ける事に。

便利なのは、やはりiPhoneに入っている音楽を簡単に再生できる事。
ただし、ナビの音響設定などが全部無効になっちゃうのは仕様としてどうなんだろう。
(まあ、レヴォのスピーカーは最低なので、そのうち交換したいと考えています)

必要ないと思っていた、Siriとの連動。
SMS(メッセージ)も、音声でやりとりできますし
とうの昔に、友人はやってる、ハンズフリーの携帯の通話が可能に!
iPhoneの連絡先に入っている番号なら、検索できますし、これは良いかも。
(ていうか、12年前の古い車(ナビ)じゃできなかった訳で)


接続用に、ANKERのUSBーライトニング変換ケーブルを買いました。短い30cmのやつ。
パッケージがAppleセンスな感じで、好み。

おまけ
フロントのガラスに、アイサイトVer.3専用のコーティングを実施。
一般的に「ガラスコーティング不可」なのに、なぜかディーラーで施工するのは
撥水コーティング。ただし、ワイパーブレードがビビるらしく
PIAAの専用のモノに替えるという事です。

つまり、撥水コーティングを施工して、専用ワイパーにすれば良いという事??
(メーカーとしては、ここの部分は自分の所でやる、という意思表示にも見えます・・)

サイドとリアはカービューティプロで施工済みなので、これでフロントも含め施工完了。
長雨が続いていますので、少しは運転しやすくなるかな。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの管理者は誰?(半角大文字でいれてね)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://motospowerweb.asablo.jp/blog/2017/10/21/8710734/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。