続・”PFM1”+”XICE3+”2017年10月14日 18時24分


冬支度の続き。

先日決めた、タイヤ&ホイールの代金を支払って参りました。

駐車場にクルマを止めると、丁度他の車の作業中だった
担当者も「レヴォーグの人」と顔を憶えてくれた様子で
「カウンターで待っててください」と言われ、店内へ。

店内も冬タイヤキャンペーン向けにレイアウト変更されてます。
しばらくウロウロしていると、入荷していたブツを実際に持って来てくれました。
まずは、横からみた印象ですが
夏45タイヤ → 冬50タイヤですが、想像より厚みを感じません。

店内は横浜(iceGURAD)、
ブリジストン(BLIZZAK VRX)、
ダンロップ(WINTER MAXX 02)も展示あり。

素の状態のタイヤを指でピンチしてみると、やっぱり硬さは
XICE3+ > iceGURAD or WINTER MAXX 02  >> BLIZZAK VRX
な印象。

うん、やっぱ、コレ。この硬さだよ。
以前履いていた、XICE2とあまり変わらない、トレッドパターン♫

「エンケイのホイールも」というので、?と思っていると
なんと、実物が入ってきていました(もしかして、これウチのかしら?)

ほいっとタイヤの上に置いてくれました。
(こういう所、ABさん、気が利くよね)

写真でだいたい分かってるとは言え、やはり実物を見れるのはありがたい。

ついでに、OUTBACKの時と同様、車の横に並べて貰いました。

雨の合間の曇天なのが残念ですが
イメージは、ほぼシミュレーション通り(かしら)。


「ENKEIのホイールは、こういう所がちゃんとしてるんです」と
示すのが、黄色い→のギザギザ部分。


『タイヤとホイールの空回りを低減。「ANTI SLIP PAINT」』
 タイヤとホイールの密着部分に特殊塗装を施す事により、高い摩擦係数が得られ
 スポーツ走行等の激しい加減速時に発生するタイヤとホイールの空回りを低減。
 タイヤ・ホイールのアッシー状態をベストなコンディションに保つとともに、
 加減速力を余す事無く路面に伝える。

だそうです(サイトの説明から)。



という事で、装着は1ヶ月ちょっと先です。

コメント

_ フォトン ― 2017年10月15日 18時35分

なかなか格好の良いホイルですね !
私ももう少しマシなホイルにしたいのですが、
車が年代物で、適合するホイルがありません(泣)

_ MOTO ― 2017年10月15日 20時02分

>フォトンさん
コアなネタにカキコありがとうございます。
(巡回もせず、失礼しております)

前車のホイールがPCD違いで、使えないという状況でして
新車となりましたので、冬準備です。
前の車も12年使いましたので、このホイールも長く付き合うと思います♪

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの管理者は誰?(半角大文字で)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://motospowerweb.asablo.jp/blog/2017/10/14/8705402/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。