ハナミズキ2017年04月23日 21時59分


OTBのタイヤ入替をようやく完了。

2月のエアバッグ交換後事件は
たしかブログには書いて無かったと思うけど
実は、整備完了後の車内の扱いが酷くて、かなりキレた事あり。

こうした整備後のトラブルは、スバルでは初めてじゃなくて
旧車は丁寧に扱わないの?と苦言を呈していた次第。

担当営業はビビったのか、その後連絡もよこさないんだから
処置無しというか、見込みなしなのだけど
予約いっぱいの土日のスケになんとか入れてくれたのだから
いちおうは誠意を見せてくれたのだと受け取ります。

3.0LエンジンのOUTBACKはBPE型で、もう12年。
NAのエンジンは余裕があって、アイサイトがない事以外は
特段言う事なし。

ある意味、当たりの個体だったと思うのだけど
その分、いろんな外的当たりを喰らった事が多くて
傷だなんだで悩まされてきた12年でもあり。

車検は来年なので、あと1年の間にどうするかな?なお年頃なのだけど
その前に冬タイヤの話もあり、踏ん切りのつかないまま
なんとか冬を越してしまったという。

雑談力のない担当営業なので
時折、ディーラーの商談スペースで
こちらから話題を振らないと「お見合い」状態になるのも辛くて
このまま、この担当から新車買って大丈夫かな?といつも思う次第。

敵(営業)も、次期FXは「レボのSTI 2.0」と分かっているんだけど
本日、試乗車が来ているということなので
まあ、営業トークに乗った形で、試乗に。

ただし、1.6Lなので「足周りの確認」の名目。

STI
SUBARU LEVORG 1.6 STI sports EyeSight
iPhoneSE(リニュークレール+パートカラー)

以前、レボの2.0LとWRX S4(同じ2L)を乗せて貰ったけど
楽しさだったら、完全にS4の勝利。(レボの2Lは大人しすぎる印象)

ただ、後から出てきたSTIバージョンは
スパルタンよりラグジュアリーだというので、試乗したいと思ってたの。


今回、STIとは言え、1.6L。
それが予想以上に、キビキビ感もあり、街乗りなら十分なレベル。
さらに、足周りは、硬すぎない位の剛性感もあって好み。
これだったら、2.0Lに期待しちゃうし
新車に試乗すると、やはり愛車の12年の歳月を感じてしまう(´ヘ`;)

この先、どこかで次期FXを真剣に考えるんだろうけど
6月にビッグマイナーチェンジもあるらしいし
数ヶ月経たないとSTIも変わらないだろうから
少し先になると予想。

我がOTBに乗り換えて帰宅すると
それはそれで「いいよねコレ」という走りなのでした。


閑話休題。

少し肌寒いけど、あまりに快晴なので
買いものついでにおでかけ。


義父が希望していたという霊園なのだけど
折角のお天気だし、どういう場所なのか見ておきたくて
その場所へ。

先週、カミさんが向こうの家族と確認済みの「樹木葬」。
もっと森林の中の、遊歩道的なイメージだったけど
公苑的な雰囲気だったのが意外でした。

義父本人が決めた事だから、それはそれ。
この数日を振り返ると
エピローグは、ちゃんと決めておいたほうが良いのだなという事。
ただ、自分の場合、最後は自分かもしれないからなあ。


緑の囲まれた場所なので、少しだけハナミズキを撮影。

170423-001
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

170423-002
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

170423-003
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

170423-004
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

最後は、先週までは綺麗だったと思われる
垂れの終わりを。

170423-005
OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZD12-100mmPRO

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの管理者は誰?(半角大文字で)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://motospowerweb.asablo.jp/blog/2017/04/23/8497851/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。