Waltz for Debby2016年04月24日 18時26分

てっきり、ほとんどスレを立ててない
「これだけは聞いておけ〜JAZZ〜」で、
てっきり紹介してるもんだと思ってました。

前回のウクレレ・レッスン。
数回続いた、陽水系の楽曲。

そろそろJAZZな曲に戻って欲しい頃。

そしたら、キヨシセンセ、言うにことかいてか
「『おもちゃのチャチャチャ』とかどうかな?」

いくらなんでも、気まぐれ過ぎます。
この教室でも、そろそろ7,8年経つんです。

「『ブンブンブン』とか?」
こころの中でも流石に『ヽ(`Д´)ノはあああっ?』と叫びましたよ。

これはダメだ。
ジャジーな「ブンブンブン」(蜂が飛ぶヤツ)ならいざ知らず
幼稚園か小学校唱歌レベルに戻りたくはありません。

半ば、強引に「JAZZの楽曲を」と、誘導します。
言わなきゃ「ブンブンブン」です。
ていうか、そこまで、我々のレベルは下がってるて事???

「JAZZかあ」と言いながら、手持ちの譜面をめくるセンセ。
「じゃあ、◎◎とか?」・・・・既にやった曲を言いはります...orz

しゃあないので、"UkuleleSweetJAZZ"にも掲載の「Waltz For Debby」を強引にリクエスト。
もう、ピアノトリオの演奏を聴くなら、まず最初に「これを聞け」という曲です。

皆の反応「・・・」し、知らないのか、Bill Evance(ビル・エヴァンス)!?

それでも構いません、もう、この楽曲に持っていきます。
「ブンブンブン」だけは、ゴメンです。

ということで、なんとか、次の課題は「Walz for Debby」になりました( ´ ▽ ` )ノ

ビル・エヴァンスが兄娘デビィのために書いたワルツだそう。
原曲を紹介しておきませう。

Waltz for Debby
<Waltz for Debby Bill Evans Trio>
私の持ってるのは、Victorの出してる、逆輸入版 XRCD/紙ジャケ仕様。
ゾンアマだともう取扱がなくて、中古でも5000円位値が付いてますが
通常版なら、あの名演奏が1000円弱で買えます。

ピアノのエバンスに対し、ベースのラファエロ、ドラムスのポール・モチアンというトリオ。
NYの名門ジャズクラブ「ヴィレッジヴァンガード」での演奏・録音(1961年7月25日)で
ライブ感とインタープレイが感じられる、名盤です。

同日の録音である
Sunday At The Village Vanguard
「Sunday at the Village Vanguard」も素敵な1枚だけど
どちらを聴けと言われたら、間違い無く「Waltz for Debby」だと思う。

この録音の後、スコット・ラファエロは自動車事故で急逝。
後にも先にも、こんなすばらしい演奏は、再現できなくなった訳です。

タイトル名の「ワルツ・フォー・・」も良いけど、他の楽曲も素敵です。
間違い無く、ビル・エバンスを知るための1枚目と呼べるアルバムなのです。


ついでに・・・これより前、1959年の録音ですが、外せない1枚が


Portrait in JAZZ
<Portrait in JAZZ  Bill Evans Trio>
この中の、2曲目「枯葉(Take1)」は、インタープレイ炸裂で
ホントに、会話しているかの様に素晴らしい。
(個人的には、Sonny Clark Trio "Softly As In A Morning Sunrise”と双璧かな)

※ずいぶん前に、このCD、iTunesで音源を購入してたんだけど、
 昨日、SACDを購入しちゃいました。どうせなら、音が良い方がという事で。

ということで、
エヴァンスを聴くなら、この3枚を聴け、でした。


<おまけ>
つい先日、幻の録音発見ということで、出たCDがこれ。
SOME OTHER TIME
<SOME OTHER TIME>
流して聴くなら良いと思うけど、上の3枚には敵わないかな。


<おまけ2>
10月の小曽根さんのライブを予約。
クラシックとJAZZぽいコンサートになりそうだけど
そこでゲスト出演する「ゴンサロ・ルバルカバ(ピアニスト)」で検索。購入したのが、このCD。

Nocturne
<Nocturne>
ベースシストが、Charlie Haden(チャリー・ヘイデン)でした。ラテンなノリのジャジーな1枚♫
※Keith Jarrett(キース・ジャレット)との共演、「Jasmine」あり。JAZZの世界は、繋がってるのだ)

ということで、久々のJAZZのお話しでした。