タイミング2016年04月02日 18時59分

寒い天気が続いているためか
今年の桜の開花は、思いの外、遅いです。

今週末に入り、近所の桜でも、3〜5分咲き。
これで晴れてくれれば( ´ ▽ ` )ノということなんですが
なかなか、週末のお天気に恵まれません(´ヘ`;)

少しでもお日様に会えるなら
東か西のどちらかに遠出だっ・・・と思っていたのですが
結果的に、曇天かつ肌寒い。
なんていうか、タイミングが合いません。

ということで、明日の日程を切り上げ、散髪屋へ。

その後は、以前行った、カフェで昼食となりました。

160402-003
OM-D EM-1+SIGMA 60mmF2.8

160402-001
OM-D EM-1+SIGMA 60mmF2.8

160402-002
OM-D EM-1+SIGMA 60mmF2.8

160402-005
Panasonic DMC-LX100

160402-006
Panasonic DMC-LX100

やっぱり、アナログレコードに戻りたいなあ。
BGMは、チェット・ベイカー。

160402-004
OM-D EM-1+SIGMA 60mmF2.8(パートカラー)


その後、車を走らせ、桜が咲いていそうなエリアを散策したのですが
まだ、こちらは1分咲きにもなってないレベル。
て、ことは、来週末も撮れるのかしらと、淡い期待が出てきました。


あまりにも寒いで、買いものして、帰宅っ。

再び、近所の桜へ。

160402-007
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO

慣れないフラッシュ(FL-50R)まで、持ち出したけど
そもそも、使い方分かってないんじゃん(爆)

E-5はともかく、E-M1って、直付け操作できるのかも不明??
(後で、ググります。)
まあ、使ったり使わなかったりで
最後の方は、露出上げて撮ってましたけど(爆)


さて、曇天だから、空を入れないのがセオリーですって。
まあ、こうなったら、マクロしか無い訳です。

自宅で、RAWでいじった数枚、UPしておきます。

160402-008
OM-D EM-1+M.ZD60mmMacro(パートカラー)

160402-009
OM-D EM-1+M.ZD60mmMacro


160402-010
OM-D EM-1+M.ZD60mmMacro

160402-012
OM-D EM-1+M.ZD60mmMacro

桜散る 富士山本宮2016年04月09日 19時00分


今年は3月に行けなかった、富士山本宮 浅間大社。

今週は、眠い目を擦って、なんとか起床。
少し出遅れ気味でしたが、渋滞に巻き込まれる事なく
富士宮まで、行ってきました。

目的は、桜のパワーに包まれた御神気を感じつつの撮影と
1年振りの、拝殿参拝です。

1604Sengen-001
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

満開を過ぎた桜は、もうすぐ散る間際。

それでも、境内全体が穏やかな桜色に染まっていて
やはり、桜の咲いた時期が、この神社には似合います。

1604Sengen-004
OM-D E-M1+ZD ED 8mm Fisheye(ポップアート)


1604Sengen-008
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

お天気は、少し雲が掛かっていますが
時折、穏やかな日射しが差してきます。

軽く参拝を済ませると
拝殿参拝を申し込みます。

1604Sengen-009
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

まだ午前中の早いウチなのですが
戌の日は明日(10日)なのに
初参りの赤ちゃん連れの多い事。

数グループといっしょに拝殿参拝となります。

初参りの数グループの名前と祝詞の後
ウチの「神恩感謝」の祝詞が。

おもしろいというか、興味深い事に
「神恩感謝」の祝詞って、家内安全からモロモロの事まで
かなり長い事を神前に述べてくれるのです。
ある意味、お得?とも言えます。

以前からこの「拝殿参拝」を執り行って頂くと気がついて
いたのですが、カミさんも本日気がついた事が1つ。

我々の後には、お賽銭箱があって、一般参拝の方が
それぞれに、お参りをしている訳です。

ここの神社の拝殿はオープンなので
その仕草が、後からの音で、まる分かりなのです。

大声で話す声、お賽銭を銭形平次の様にばらまく音・・・
神様の立場と申し上げるのは、恐縮ですが
ご神鏡が祀られている正面と背面のお賽銭箱の間にある
拝殿からは、それがもの凄く分かるのです。

つまり、失礼な事をやってると、ホントに分かるという事。

おまけに、初参りのうれしさは分かるのですが
付いてきた親戚の高校生が、あの無粋な音をさせて
携帯カメラで、拝殿産パイチュウも記録撮影しているのには
怒りというか呆れるというか、ホント辟易しました。

叱ろうとしましたが、カミさんに制止された次第。
神社側には、先にマナーを教えて貰うしか、もう方法なし、です。

それでも、1年振りに拝殿参拝を行って頂き
なんとなく、クリーンな気分と申しますか、スッキリした感じがあります。

この数ヶ月、かなり憂さも溜まっていましたし
そういう意味では、浄化された気がしました。

参拝を終え、今度は桜撮影に。

春の風が吹けば、そこは、花吹雪に。

1604Sengen-010
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

1604Sengen-013
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

1604Sengen-015
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO

1604Sengen-016
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO
1604Sengen-017
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO


カミさん曰く「巫女ストーカー」なワタクシです。
とは言え、ブログに載せられる写真となると
それなりに、肖像権にも留意しなければなりません。

1604Sengen-018
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO

シャッターチャンスは、なかなか訪れず
トライを繰り返しつつ、境内も撮影。
1604Sengen-019
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO

1604Sengen-021
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO

そんな間に、百式をもたせていたカミさんが
渾身の一枚を撮っていたのにはやられました。

1604Sengen-014
Panasonic DMC-LX100( 撮影BY カミさん)

トリミングはワタクシ(爆)。
タイトルは「Miko Double Shot !!」としましょうか。


1604Sengen-025
OM-D E-M1+LEICA D SUMMILUX 25 mm

1604Sengen-024
OM-D E-M1+LEICA D SUMMILUX 25 mm

1604Sengen-029
OM-D E-M1+LEICA D SUMMILUX 25 mm

1604Sengen-030
OM-D E-M1+LEICA D SUMMILUX 25 mm

1604Sengen-032
OM-D EM-1+M.ZD 7-14mmPRO

なんとか、桜散る前に、来られてよかったです。

1604Sengen-034
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO

もう少し、望遠で、桜を。
1604Sengen-037
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO

1604Sengen-039
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO

1604Sengen-040
OM-D E-M1+M.ZD 40-150mmPRO


流石にお腹が空いてきました。

お昼は、ビオファーム松木系の「野菜食堂」へ。
1604Sengen-043
OM-D E-M1+LEICA D SUMMILUX 25 mm

1604Sengen-044
OM-D E-M1+LEICA D SUMMILUX 25 mm

1604Sengen-048
OM-D E-M1+LEICA D SUMMILUX 25 mm

やはり、きちんとした野菜を使った
柔らかい味の料理で、おいしかったのですが
残念ながら、5月の終わりで閉店となる様子です。

ということで
もう少し写真もアップしていますので
興味があれば、↓へ。

2016 Fujisan_Hongu
クリックすれば、Flickrに飛びます。

E-M1 里帰り中2016年04月13日 23時32分

実は、E-M1、里帰りさせています。

桜撮影の後の清掃時、センサー部に何かが見えます。
Panasonic DMC-LX100

だいたい、オリユーザーなんて
SSWF(スーパーソニックウェーブフィルター)を過信してますから(爆)
外でも平気でレンズ交換をやってます。そりゃ少しは気を付けますが、他社に比べれば
たぶん「困ったこと」が殆どないハズ。

しかし、光をかざして見ると・・・
あれ、なんかある。・・・白く見えるのです。(下の写真は影の方が分かる)
Panasonic DMC-LX100

SSWFで数回やっても落ちる様子なし。
時計好きさんのこのページにあるハイパークリーンも持ってはいますが
さすがに、自分でセンサー拭きふきをやる勇気はありません。

ということで、Webでピックアップを。

本日査定が出ていました。


こ、これは高い((;゚Д゚))ガクガクブルブル 
プレミアム会員分は安くなってますけど、センサー拭きふきで、6000円か。

撮った映像に影響はない様子でしたが
それでもなんか気持ち悪く、里帰りさせた次第。

まあ、帰ってくれば、また気持ち良く撮影できる訳だし、そのままGoを掛けました。

(つづく)