久々に、完読。2012年11月03日 17時41分


舞い降りた天皇

最近、いや数年来、本を買っても積ん読がほとんど。
その時の勢いで、文庫や雑誌を増やすんですが、斜め読みしかできてないのがほとんど。

この本も、2010年12月14日にブログUPしてるから、もう2年(´ヘ`;)
それが、ようやく完読となりました( ´ ▽ ` )ノ


当時のブログのコメントはこんな感じ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もちろん日本の神話は、
『ヤマト王朝の成立において、その正当性を訴えるために、作られたもの』
というのは、正しい面もあると考えています。

ただね、『神となった人々』は、当時の有力者だっただろうし
その方々が、神として奉られ、そして、2000年経ても
神社において、我々の信仰を集めているという事実からすれば
些細な事だと思っています。

まあ、途中で投げ出す本かもしれませんが、どうにも気になりましたので。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちょうど「天皇論」とか「新天皇論」とか、
いまじゃ、完全に「おかしくなった」と思われる、小◎よしりんの本を読んでいた時期。

(保守系をあれだけ擁護していた作家なのに、AKB絶賛と反原発と、
 先日の安倍総裁批判からして、変質したと推察。
 というか、軸がぶれる人は、正直信用ならない・・・。
 いろいろ買ったけど、数冊残して、売り飛ばす予定。)

閑話休題。
たぶん、1年ちょっと掛けて少しずつ読んでいたんだと思う。
上巻は、ちょっとスローな展開だけど、後半は、比較的一気に読めました。

内容としては、天皇(大和王朝)はどこから来たのか?
という歴史のタブー?に触れるもの。

古事記・日本書紀は、ワクワクするけど、荒唐無稽な話が多いです。
当然、その土地の伝承やモデルがいたであろうけど
万世一系の大和王朝の流れを、ある意味、正当化するための書物だった事は
政治学的にもそれはわかります。

でも、この国の天皇を頂きに置くシステム(といっちゃうけど)は良く出来ていて
(皇紀が正しいとすれば)2600年近く、それが機能して国体を保持し続けている事実は、お隣の人工国家や恨み辛み半島の人からすれば、信じがたいと思う。

そもそも「3000年の歴史」と言う割 りには、大陸に千年単位で続いた国など
満足にないのだから・・・半島にしたら自慢できる歴史もないから他の国を貶める
教育をするしかない・・・。我が国が数千年単位で存続しているのは奇跡とも言えます。

大元となる、大和朝廷(いまはヤマト王権て教えるらしいですね。仁徳天皇陵とも教えない。
日本の教育機関には、そういう種類の方々が多いと、推察できます。)を形成した
種族はどこから来たのか。魏志倭人伝を紐解くストーリーが展開されます。

たしかに、北九州あるいは対馬・壱岐を中心とした倭国がこの国の形成に大きく
関わっているのは、まあ納得する部分も多いです。
(百済・高句麗という国もありました。
 今の恨み辛み国とは縁は無いのですが、これを逆手に取ってくるんですよ)

ただ、この本を真っ当に受けると、なんだか古代のパワーポリティクスというか
覇権争いの歴史というか、生々しくて、神社にお参りする時の邪念になるかも。

面白い本ではあるのだけど、では天孫降臨の舞台が、
なぜ、ずいぶん南に下った、「高千穂」なのかもわかりません。
そちらには展開されて行きませんでしたので(;^_^A 
この本でも、神社で御祭神として祀られる所が、意外に少ない
「天孫」の扱いは酷いモノですけど、なにか理由はあるに違いありません。

結論として、初代天皇「X」が明確になっている訳でもなく
推察の域からは出ていません。
という事で、読了した感想としては、なんか複雑というか腑に落ちてない。

まあ、歴史小説というより、歴史ミステリー?
・・・これは、あくまでも、加持氏自身の歴史解釈なのですよね。


でもね。ふうーんて思った事が1つ。

竹島には、まず、自衛隊を置くべきだと思うんですけど(爆)
じゃ、観光客が半島から押し寄せてる(獲られそうな)と言われる、
対馬と壱岐てどうなんだろうと調べるとですね。

対馬壱岐

拡大すると・・・

対馬
対馬

壱岐

壱岐

海上自衛隊がいる・・・。対馬には 陸自も。

ああ、なるほど(守るべくして守っている??)と思った次第。

ということで、久々の読書感想文?でした。

トーハク・出雲展2012年11月04日 18時00分

トーハク 出雲展

昨日は、祝日だったため?か
朝から各高速道路とか首都高とか、激込み。
なので、出かけることを断念→オウチの事(掃除とか買い物とか)に。

最近、写真もすっかり撮りに出かけてないし
今朝からカミさんがiPad3を眺めながら
「シュトコーガラガラだよ」と言ってるので
やや出遅れの感はあったのだけど、思い切って都内へ。
来週は、理事会の打ち上げとレレのレッスンもあるし
その次の週も予定が立たないしね。


もちろん電車が嫌いなので、車。
目的は、「舞い降りた天皇」読了直後のタイミング(笑)で
トーハク(東京国立博物館)で「出雲展」がやっていて
出雲詣ではなかなか行けないけど、少しでもなにか見られればと。

道路関係は、比較的良かったのだけど
アキバ経由で、上野周辺に近づくにつれて、変なところに
車溜まりが・・・・あれ・・・駐車場の入り口だわ(´ヘ`;)

駅前にタイ◎ズとか、公園前駐車場とか
100台級のがあるんだけど、軒並み満車......orz
グルリと公園内を回ると、トーハクを横目に通過。
うーむ。

さらに回ると、京成のPがあるけど、こちらも大渋滞。

一度、不忍通りから時計回りにぐるり。
行ったことの無い、根津−谷中とかのお散歩カメラコース?を通過。
鶯谷から南下して、また公園近辺を廻ったけどPなし。
そりゃ、そうだよね。

「あ、ツタンカーメンやってる!」
カミさんの一言で「え、まだやってんの?」と
他のイベントも開催されていることに気が付く。

まあ、郊外に出てないなら、こうした近い公園には
最近の傾向としては、大勢人が来る訳で・・・
車で来るのは甘いといえば、確かに(´ヘ`;)

イライラしなように、30分くらいグルグルしてたのだけど
さすがに、半分諦めかけてアキバ方面へ南下。

まさか、このまま帰るのもシャクだけど
他に行きたい所もなし(ていうか諦めが悪いタチ)。

カミさんは『新しい東京駅でも見よう♫』と思いつつ
言ったらコロサレルと思っていて黙っていたそうだ。
私の性格をよく分かってる。

んで、諦めが悪いタチなので
一度、御徒町から末広町まで南下。もうアキバて所で裏道に。
ナビに珍しくPマークがあるけど、発見できず。

まあ、iPhone4で検索すりゃいいんだけど、それもしなかったんです。

と・・・タ◎ムズではない、10台くらいのコインPを発見。
サクッと入庫できました。最後の1台。

場所は、上野公園の南、約4〜500m。ここ湯島だね。

まあ、公園近隣のPを待つくらいなら、ココから歩けばいい。

ということで、公園へ。

意外に近くて、不忍池へでる。


上野公園の南端に到着。トーハクは一番北側((;゚Д゚))))))

過去、佐渡さんのコンサートとか、SW展とかには来た事がある
けど、不忍池なんて見たの初めてかも。

それにしても、なんだ、このハスの大群は?


逆さビル群をパチリ。

予想通り、公園内は、ワンサカ人がいます。

人をかき分けてひたすら北を目指します。


大噴水を通過。光の加減で虹が。

道路を渡って、チケット購入。
ようやく到着。自分の車から約2km?



「これ、あれだぞ。ガンツの建物」
カミさんが「ゑ?」てな顔をしてるので
「千手観音に襲われる場所だよ。映画『GANTZ』のロケ地」
と説明しておきます。オコリンボ星人だったか?


出雲展が特別展示です。


さて、いよいよ入館です。

と、特別展は、撮影できないので・・・
トーハクのサイトから、リンクで画像を。


こんな風には展示されてないけど
「雲太」「和二」「京三」と呼ばれた建築物の中で
「和二」が奈良・東大寺大仏殿。
「京三」が、平安京太極殿。
んで、「雲太」が、出雲大社の本殿。
古事記の国譲りの下りで
「立派な神殿を建ててくれたらそこに住む」というアレです。

あの模型が、展示会場の真横に、どどーんと鎮座。

宇豆柱という3本の杉を束ねた柱も発掘されたから
この神殿は実在したということの様子。

あとの見所は「荒神谷遺跡」の銅剣群と
「加茂岩倉遺跡」の銅鐸群。

「舞い降りた〜」の劇中では、この銅鐸の数は、
出雲にある神社の数と同じで、ある勢力との断絶のために
埋めたとしていましたけど、真実は??

銅剣は、ほとんどの柄の部分に、×印が刻印されているのが
特徴らしく、鋳造に関わった集団の印とか説明していましたけど
私には、封印めいたものを感じましたね。

呪術的な意味があるから埋める訳でしょ。
実用を考えば、溶かして使える訳。(あるいはもう鉄器??)
剣に宿る何かを封印したいから、割るとか溶かしたら
何かが出てくると思っていたのか?そじゃなきゃ埋めないのでは?
×印も、そういう意味に、自分には見えました。

あ、そうそう、復刻されたレプリカの銅剣と銅鐸も見ました。
当たり前なんだけど、ピカピカの銅色。
よく考えれば、わかるけど、見慣れている銅鐸の色って
緑青で錆びた色だったんですね。勉強になりましたわ。

で、かなり小腹が空いたので
前に調べていた、公園近隣のカフェに行こうと妄想してたんですが
カミさんが、他の常設展示を発見。
なにやら、かなりの展示物が「無料」で見れる訳。

撮影禁止の札以外は「フラッシュなしなら撮影OK」と
学芸員の方も説明してくれたので、それならと撮影。

「館蔵仏像名品選」から・・

大日如来像(平安時代 11世紀)



光背の影が綺麗な、千手観音像(南北朝時代 14世紀)

そのまま「平成館」へ。
あそこには、たしか、教科書で見た、あいつもいるハズ。

ちょうど目の前にガイドと集団がいたので撮影できなかったんですが
この方が居ました!


「遮光器土偶」(リンク先はトーハク)

いや、これ見たかったんだよね。
教科書で、大昔みたもの。

ホント、いろいろ展示されてたので、
ほとんど、ザックリですが・・・・


無銘の刀が、なかなか素敵。


龍の彫り物がたまりません↓

太刀 銘備前長船兼光 観応■年八月日(名物福島兼光)

鍔の中では、これが素敵でした。

満月とそれに透ける松の枝を表現しているもの。
これを粋と言わずとして、なんという。

ということで、出雲展以外もたのしめました。
もうちょっと早く出かけて来れば良かったかも。



なにげに入ったレストランはオークラ系。
値段はソコソコでしたけど、五月蠅い子供連れもいなくて
サンドイッチも美味でした。

その後は、裏手のお庭へ。
秋しか公開されてないとの事なんだけど・・・


紅葉もだけど、お庭としては、いまひとつ。







ということで、帰り道はまた南下して、車まで。

お疲れ様でした。

撮影は
OM-D EM-5+M.ZD12-50mmと45mm。

ラバンバ・アゲイン2012年11月11日 13時00分

ラバンバとサムピック
はい、11月レッスン。

30分前に到着。
1人で「MyFavoriteThings」のレレ練などしておりました。

階段を上る足音・・・
あれ、今日はKuさんじゃなく、Λ夫人が先に到着。
そういや、Kuさん遅いなあ。

Λ夫人が、新生活で「なかなか練習できないっす」的な
話を聞いていると、Kuさん登場。お疲れ風?

その後、YKさんとKTさん。
ようやくPiさん到着。あれ、今日も人数少なし。

Piさんが、先日みんなに配布していた「お手製サムピック」。
どうやらVerUpしているみたいで
フェルトをピックの先に貼ったとのこと。

ピック弾きだと、音がキンキンするのだけど
フェルトのおかげで、柔らかい感じになる。
ん、いいね。
「一億円万円!」とか言われるかと思ったら、ホイと
無料で配布頂きました。「試してみて」とのこと。
はい、試してみますっ( ´ ▽ ` )ノ

そうこうしているウチに、クラスの入替。

発表会で褒めてくれた、バンジョーおじさまとも
2か月振りにご挨拶。
放送事故(Kuさん命名)みたいな10秒間空白演奏でしたが
「ん。あの演奏は良かったよ」と再びコメント頂きました。
痛み入りまする。

さて・・・気が付くと、数名以外は、ほぼ出席。
なんと、今日は体験のおばさまが。

むむ、かなり大きなウクレレケース持参。
つ、強者か?あれは、テナーか?

ダークサイドにすぐ引き込まれるクチなので
となりのKuさんと、戦々恐々、ジッと様子を見ています(爆)。

あれ、チューニング、ダイジョブ?
みかねたキヨシ師匠が「1弦Gが鳴ってない?」と手を出します。
「ん。だれか1弦(の音)くれない?」
(この言い方、格好ええね。)

数名が一斉に1弦のA音を奏でます(;^_^A
うむ、強者では無い様子。・・・一安心(再爆)。

MyFavorite〜の続きかとおもってたら
「ん〜。今日は、セッションをやります」

最近、師匠、これ好きだなあ。

1か月に1度のブルドラ・ライブでも、セッションを
かなりやっている様子。あそこは肝試し大会なので
まだトライしていないのですが、いつか(妄想)。

「じゃね。ラバンバ」と譜面を配布。
以前やってるので、またあ?と半信半疑。

今度の譜面は、
バッキング5種類
メロディ3種類の、VerUP版。

「セッションはね、コード進行とリズムさえ守れば
 だれでも参加できるし、それを楽しむ事ができるんだね」
と解説開始。

バッキングの5種類目は、シンコペーションも入るので
新人さんの中には、できない方がいるので、それも解説。
シンコは入れすぎもダメとも説明、ほどほどが大事か。

「CとFとG7さえ知っていれば、それでやればいいし
 メロディをやってもいい。めちゃくちゃをやっちゃダメだけど
 上級者の人ほど、シンプルなものを選んだりするんだね」
とか
「シンプルなものを選ぶと、裏方に廻って、リズムがずれない
 とか、そういう所に気を配る事になる」的な事など。
たまに良いことを言うので、ボケっとしてたら聞き逃します(笑)

今日の左隣りはKuさん。1個空いて、右にはPi&Λ。
むこうじゃ、勝手にチコチコ練習とかしてるんだけど(爆)
キヨシの説明には、みなさん真剣にヒヤリング。

「じゃ、パートを決めて練習して、それから合わせるよ」
ということで、最初、私とKuさんは、バッキング。

2人で、CーF−G7のコード進行で、シンコの伴奏練習。
だいたい、セッカチさんなんで、早くなるのを気を付けて・・・

Kuさんがカッティングを入れたりしてるので
私は、UPストロークを強調したりしてカッティングも入れて
3,4周いっしょに合わせてみたんだけど、これ楽しい。

Kuさんもそうしてたのかもしれないけど
テンポをKuさんに合わせる様にして、音を合わせていくと
うむ、なかなか、格好いい。
いつか、2人のおじさまで、デュオしたいぞ。

「そうそう、UPストロークのところ、最後のG7なんかを
 (ミュートしつつ)裏拍を強調するとね、これ『スカ』て
 いうんだけど、こうゆうのもアリだよ。
 東京スカパラダイスって知ってる?
 あのグループのスカは、これなんだ」
おお、今日のキヨシの解説は、レベルが高いぞ。

ということで、一通り練習したら、バッキングから開始。
それにメロディの1、2,3パターンを合わせていく訳。
途中、キヨシ師匠も、適度にアレンジを入れて入って来て
最後は、Cで終わり。

パートを変えて、また練習+セッション。

ということで、奥が深い、1時間でした。
なんか、今日はあっと言う間。集中してたかな。

クラスが終わっても、たいがい2,3分みんな
好き勝手に弾いているので、私もサニーとかを少々。

キヨシがこちらをチェックしてるので、短いVerでエンドまで。
(あれ、先生、発表会でやったの、もう忘れてるでしょ?)

「ジャズ本は、他になにか練習してる?」と聞くので
「『All of Me』はちょっとやってますけど、コードの
 転換がちょっと難儀ですよね」などといいつつ

「『朝日のようにさわやかに』の譜面を探して
 ちょっと、タブ譜にしてみたんですけど」といいつつ
ちょいと弾いてみました。触りだけ。

「ん。これは、Cmだね」と、今度はキヨシ先生がチョロと
弾き始めます。ん〜流石。

「メロディだけだと、音が寂しいので、コードを
 入れるのを悩んでるんですけど」などと軽く報告してるウチに
次のバンジョー叔父様のレッスンが始まるので、退出。

ということで、またまたラバンバでしたけど
なかなか濃〜い授業でした。

Piさんにもらった、サムピック。
mizutamariなんかを弾くと、なかなか音が大きめだけど
柔らかく出て、これはアリ?と思った次第。
ただ、操作にまだ慣れないから、他の弦を叩くよねえ(´ヘ`;)

ということで、お疲れ様でした。